どんどん焼き いわい

どんどん焼き いわい

山形で親しまれているソウルフードが、どんどん焼き。天童市にあるどんどん焼き いわいは、その人気店のひとつ。どんどん焼きは、江戸時代に発祥し、三河、江戸などで食された文字焼き(もんじゃ焼き)の派生したもの。東京でも昭和初期には「どんどん焼き」が人気を博していました。

山形のソールフード、どんどん焼きを味わおう

どんどん焼き いわい

作家・池波正太郎は、浅草で暮らした子供時代に「どんどん焼き」をよく食べたと記していますが、今では東京でその名を見ることは稀。
屋台が「どんどん」と太鼓を鳴らして売ることが「どんどん焼き」の由来ともいわれますが、山形でも昭和10年代(昭和13年頃)に、東京で修行した大場亀吉が屋台でスタートしたのが始まり。
持ち運びが便利なように、​薄く焼いた生地を割り箸に巻いた独自のスタイルを考案したのも大場亀吉です。
今では、玉こんにゃく、芋煮に並ぶ第3のソウルフードと呼ばれるまでに成長しています。

小麦粉をクレープ状に伸ばし、割り箸を使って棒状にするものですが、当初は割り箸1本でくるりと巻いていましたが、それには技術がいるため、今では2本の箸を使うことも多いのだとか。

どんどん焼き いわいの生地は、国産小麦粉と水だけ。
これに海苔、青海苔、魚肉ソーセージなどの具材をのせ、焼き上がったところでくるくる巻いてロール状に。
注文してから焼き始めるので、熱々を食することができます(イートインスペースも用意)。

定番のソース味以外に、しょうゆ、玉子、明太マヨネーズ、ピザ、ビビンバなども用意されています。
常連の話では「洋風もなかなかいける」、「天童では、どんどん焼きをごはんのおかずとして食べることもある」とのこと。
ほかに、お好み焼き、焼きそば、クレープなどもあり、メニューは豊富です。

どんどん焼き いわい
名称 どんどん焼き いわい/どんどやき いわい
所在地 山形県天童市一日町1-13-25
関連HP どんどん焼き いわい公式ホームページ
電車・バスで JR天童南駅から徒歩15分。JR天童駅から徒歩20分
ドライブで 東北中央自動車道天童ICから約4.8km
駐車場 5台/無料
問い合わせ どんどん焼き いわい TEL:023-651-8138
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
腰掛庵

腰掛庵

山形県天童市、天童公園(舞鶴山)の西麓にある和菓子店が腰掛庵。外観も京の和菓子屋的ですが、店の自慢はわらび餅。仙台からわざわざ買いに来る常連も多いといい、わらび餅にうるさい関西人も、「美味しい」と太鼓判を押す人気商品です。わらびもち、「醸ま

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ