シャトー・メルシャンワイン資料館(旧宮崎第二醸造場)

シャトー・メルシャンワイン資料館(旧宮崎第二醸造場)

山梨県甲州市勝沼町、シャトー・メルシャンワイン勝沼ワイナリーに併設されるのが、シャトー・メルシャンワイン資料館(旧宮崎第二醸造場)。明治37年築、か宮崎葡萄酒の第二醸造場を再生したもので、現存する日本最古の木造ワイン醸造場で、経済産業省の近代化産業遺産にも認定。

明治37年築、現存する日本最古のワイナリーが資料館に

シャトー・メルシャンワイン資料館(旧宮崎第二醸造場)

山梨県は西南戦争のあった明治10年にすでに山梨県立葡萄酒醸造所を設立。
甲州街道勝沼宿の北、祝村(現・甲州市勝沼地区)の豪農や地主階層に呼びかけ大日本山梨葡萄酒会社が創立され、高野正誠と土屋助二郎(のちの龍憲)の2人がフランスに留学、本場のワイン製造技術を勝沼に導入しています。

大日本山梨葡萄酒会社は明治19年に解散していますが、宮崎光太郎と土屋助二郎(土屋龍憲)は、醸造器具を譲り受け、ワイン造りを継続。
ワイナリーとして「甲斐産葡萄酒醸造所」を築き、販売店として東京・人形町に甲斐産商店を設立。
「甲斐産葡萄酒」の醸造と販売ルートを確立し、現在のメルシャンなどへと発展していきます。

宮崎光太郎は、明治23年、土屋助二郎との共同経営を断念し、甲斐産商店の経営を引き継ぎます。
土屋が醸造施設を引き継いで明治24年、「マルキ葡萄酒」(現・まるき葡萄酒)を設立。

対する宮崎光太郎は、祝村の自宅の清酒蔵を改造してワイン醸造設備を整え、明治25年、自宅敷地内に宮崎第一醸造場を建設、500石(90キロリットル)のワイン醸造と、ブドウの粕を利用したブランデーの蒸留を開始しています。
薬用飲料としての販路があることに着目し、帝国大学を皮切りに、病院などにワインを販売。

時代の主流は宮崎が製造・販売する純正の生ブドウ酒ではなく、甘味ブドウ酒へ傾き、明治35年から自家製の純正生ブドウ酒を原料に使って「甲斐産エビ葡萄酒」、「丸二印滋養帝国葡萄酒」、「花印スヰトワイン」の甘口ワインを発売。
他社は輸入ワインに甘味を添加したのに対し、本来は本格的な辛口のワイン造りをしたかった甲斐産商店の苦肉の策である甘口ワインが人気を博していったのです。

さらに日清戦争・日露戦争の勃発で軍部がワインを滋養強壮剤、薬用飲料として採用したこともあり、需要は激増(ワイン業界は、明治中期からワインを保健飲料、流行病予防薬剤と宣伝していました)し、明治37年(日露戦争開戦の年)、宮崎第二醸造場を建築。

水路・水車等の設備、半地下式の樽貯蔵庫を備えた宮崎第二醸造場は、昭和36年まで現役で使われていましたが、現在ではワイン作りの道具、機器類が展示される資料館に再生されています。
宮崎光太郎は、明治45年、醸造場と隣接するブドウ園とを観光施設「宮光園」(資料館の北側)として公開し、ブドウ狩りとワイン醸造場見学を行う観光事業を行なうなど、現在のワインツーリズムの先駆け的な事業も行なっています(ブドウ棚の下にテーブルと椅子を置く観光ブドウ園のスタイルは、宮光園が創始)。
シャトー・メルシャンワイン勝沼ワイナリーは、ワイナリーツアーでしか見学できないエリア(地下セラー、祝村ヴィンヤードなど)もありますが、シャトー・メルシャンワイン資料館は、ワインギャラリー、ワインショップとともに、予約なしでも立ち入ることができ、かつ入館も無料。
高野正誠と土屋助二郎の盟約書や、熱意が伝わる往復記録も収蔵展示されているので、ぜひ入館を。

近代化産業遺産、日本遺産「日本ワイン140年史」にも認定

シャトー・メルシャンワイン資料館(旧宮崎第二醸造場)

シャトー・メルシャンワイン資料館(旧宮崎第二醸造場)は、「官民の努力により結実した関東甲信越地域などにおけるワイン製造業の歩みを物語る近代化産業遺産群」として経済産業省の近代化産業遺産にも認定。

勝沼エリアで、「ワイン製造業の歩みを物語る」近代化産業遺産に認定されるのは、シャトー・メルシャンワイン資料館(旧宮崎第二醸造場)のほか、旧田中銀行社屋・煉瓦倉庫・繭倉、祝橋、勝沼堰堤、日川水制群、龍憲セラー、中央本線旧深沢トンネル(現・勝沼トンネルワインカーヴ)、旧大日影トンネル(現・大日影トンネル遊歩道)、などがあります。

また、
旧宮崎葡萄酒醸造場施設(宮崎第二醸造場)、メルシャンワイン資料館収蔵品は、旧宮崎葡萄酒醸造場施設(宮光園)などとともに、日本遺産「日本ワイン140年史~国産ブドウで醸造する和文化の結晶~」の構成資産にもなっています。

シャトー・メルシャンワイン資料館(旧宮崎第二醸造場)
名称 シャトー・メルシャンワイン資料館(旧宮崎第二醸造場)/しゃとー・めるしゃんわいんしりょうかん(きゅうみやざきだいにじょうぞうじょう)を利用
所在地 山梨県甲州市勝沼町下岩崎1106
関連HP シャトー・メルシャン公式ホームページ
電車・バスで JR勝沼ぶどう郷駅からタクシーで10分
ドライブで 中央自動車道勝沼ICから約2km
駐車場 80台/無料
問い合わせ シャトー・メルシャンワイン資料館 TEL:0553-44-1011
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
大日影トンネル遊歩道

大日影トンネル遊歩道

山梨県甲州市にある中央本線の大日影トンネルを再生した遊歩道。明治35年に笹子隧道が完成し、明治36年6月11日に中央本線の東京~甲府間が開通。その開通時に造られ、明治36年~平成9年の間、中央本線のトンネルとして活躍したのが大日影トンネル(

勝沼トンネルワインカーヴ

勝沼トンネルワインカーヴ

甲州市にある明治時代のレンガ積みのトンネルを再生したワイン貯蔵庫が勝沼トンネルワインカーヴ。明治35年に笹子隧道が完成し、明治36年6月11日に中央本線の東京~甲府間が開通。その時造られ、明治36年~平成9年の間、中央本線のトンネルとして活

勝沼堰堤(祇園の滝)

勝沼堰堤(祇園の滝)

山梨県甲州市勝沼町岩崎地先の笛吹川の支流・日川(ひかわ)にある砂防堰堤が勝沼堰堤で、自然の滝のような景観から、祇園の滝とも呼ばれています。当時暴れ川だった日川の氾濫をおさえるため、大正6年3月31日に内務省直轄砂防事業として完成した堰堤で、

旧田中銀行博物館

旧田中銀行博物館

山梨県甲州市勝沼町、旧甲州街道勝沼宿・本陣(池田屋)跡の「槍掛けの松」にもほど近い、街道沿いにある擬洋風建築が、旧田中銀行博物館。前身は明治30年代の初めに建てられたという勝沼郵便電信局舎。大正9年に山梨田中銀行の社屋として改修、銀行として

甲州街道勝沼宿

甲州街道勝沼宿

山梨県甲州市勝沼町、勝沼ぶどう郷としてブドウとワインのイメージが強い勝沼ですが、勝沼市街地を走る山梨県道34号(白井甲州線)は、かつての甲州街道勝沼宿。甲州街道は、江戸と中山道・下諏訪宿(現・長野県下諏訪町)を結ぶ五街道のひとつで、甲州を東

日川水制群

日川水制群

山梨県甲州市勝沼町上岩崎の笛吹川の支流・日川(ひかわ)にある大正4年に完成した洪水防止を目的とした砂防施設が日川水制群(ひかわすいせいぐん)。日川水制群と勝沼堰堤は、近代化産業遺産、土木学会の土木遺産にも指定、日本遺産「葡萄畑が織りなす風景

龍憲セラー

龍憲セラー

山梨県甲州市勝沼町にある国の登録有形文化財に指定される葡萄酒貯蔵庫が、龍憲セラー(りゅうけんせらー)。ヨーロッパの貯蔵技術を導入して、山梨県のワイン製造でも最初期のレンガ造りの半地下式葡萄酒貯蔵庫。建設に尽力したまるき葡萄酒創業者・土屋龍憲

祝橋

祝橋

山梨県甲州市勝沼町を流れる日川(ひかわ)に架るレトロな橋が、祝橋(いわいばし)。昭和5年に架橋されたコンクリート製アーチ橋で、大正2年に勝沼駅が開業したのを受け、ワイン醸造の中心地・祝村で醸造したワインをトラックで駅まで搬出するために設けら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ