絶景! 初日の出SPOTを探せ! 1位〜5位

全国各地の海岸や山上で、元旦は初日の出を拝む人、初日の出を撮る人が場所を探します。プレスマンユニオンは、「絶景」という視点で、全国からベストショットポイントを探しました。取材班が、ここぞとばかりに選んだ、まずは1位から5位の発表です。

絶景の基本条件は、他にないこと、わかりやすいこと、プラス神々しさ!

「ただ単に海から日が昇るだけでは、初日の出はどこで撮影しても同じ雰囲気になってしまう」(カメラマン大石正英)から、大事なことは太陽の手前に(前景に)映り込むもの。
「初日の出というと海岸線というのが一般的です。遮るものがないので見やすい、撮りやすいのですが、逆にいえば印象のない絵柄になってしまうのです」(カメラマン大石正英)。
では、初日の出の「絶景の条件」、つまりは感動シーンを体感できる要素はといえば、シンプルに「手前に鳥居がある、山並みがあるなど、その場所らしさがわかるショット」になります。

1位 竜ヶ岳(山梨県河口湖町)/ダイヤモンド富士の絶景初日の出

その筆頭といえるのが山梨県河口湖町の竜ヶ岳。今、巷(ちまた)で人気のダイヤモンド富士(富士山山頂からの日の出、日没)が、ちょうど元旦「初日の出」に眺められるという幸運中の幸運な場所なのです。
竜ヶ岳周辺でダイヤモンド富士を仰ぐことができるのは、12月3日頃~1月9日頃。当然、初日の出は人気スポットで、毎年、ここを目ざす常連も多いのです。

竜ヶ岳山頂からのダイヤモンド富士(初日の出)

竜ヶ岳山頂からのダイヤモンド富士(初日の出)

 

2位 富士川町高下地区/富士山の山頂左から初日の出

富士川町穂積(高下=たかおり地区/通称「日出づる里」)は、「新富岳百景」に選ばれ、毎年冬至頃から元旦にかけて、ダイヤモンド富士を眺めることができますが、メインスポットである高村光太郎文学碑あたりは「本当にど真ん中から見たい場合は12月20日~25日くらいが見頃としては一番いい時期」(地元のカメラマン)で、元旦は残念ながら少し富士山の左肩からという感じになります。
それでも竜ヶ岳と違って歩かず拝める初日の出ということで、2位にランクイン。

富士川町日出る里(ひいずるさと)からの初日の出

富士川町日出づる里(ひいずるさと)からの初日の出

 

3位 九十九谷展望公園(千葉県君津市)/山並みの彼方から初日の出

初日の出というと、大部分が海岸線からになるのですが、異色のスポットがマザー牧場で有名な千葉県君津市の鹿野山(かのうざん)。上総(かずさ)地方の最高峰で、三角点のある春日峰(西峰、352.4m、1等三角点)、白鳥峰(東峰、379m)・熊野峰(中央峰、376m)が連なっていますが、注目は白鳥峰直下にある九十九谷展望公園。ここから眺める房総の山並みは、長い年月をかけて侵食された場所。山並みを眺める展望台としては茶臼山高原道路「やまなみ展望台」(愛知県北設楽郡豊根村)とここが取材班が知りうる限りの2大スポットなのです。長野県売木村のやまなみ広場(国道418号・平谷峠)も初日の出スポットとして人気ですが、どちらかというと南アルプスの展望台で、「山並みが連続する」感じは九十九谷展望公園、茶臼山高原道路「やまなみ展望台」が上です。
九十九谷展望公園は、雲海が期待できる、マザー牧場近く、そしてあの濃溝の滝のある君津市ということで3位にランクイン。

マザー牧場近くにこんな絶景の初日の出スポットが!

マザー牧場近くにこんな絶景の初日の出スポットが!

 

第4位 大洗磯前神社(茨城県大洗町)/神磯の鳥居からの初日の出

初日の出と鳥居というのは、神々しさの極まるパターンですが、その元祖、いやいや本家本元といえるのが大洗磯前神社(おおあらいいそさきじんじゃ)の神磯の鳥居。初日の出の人気、定番スポットですが、初日の出スポットの多い茨城県内でもやはり、ダントツの絶景となります。
「鳥居を見る角度によって鳥居の真ん中に日の出を収めることができます。初日の出を鳥居の真ん中に収めたいという場合には鳥居を正面に南側へ(海に向かって右側)に移動し、早めに場所の確保が必要です」と地元カメラマンのアドバイス。
日が出てからも、波と鳥居が撮影できますし、最近では天の川やスーパームーンとのコラボも人気です。
「絵柄的には、鳥居から少しずらしたほうが絵になる場合も」(大石正英カメラマン)との指摘もあるので、悩ましいところです。
ちなみにこの鳥居、大洗磯前神社の祭神の降臨地と伝わります。「こいつは春から縁起がいいや!」とはこのためにあるセリフ!

少し定番ですが、神磯の鳥居の初日の出はやはり「絵になる」絶景

少し定番ですが、神磯の鳥居の初日の出はやはり「絵になる」絶景

角度を気にすればこんな初日の出も

角度を気にすればこんな初日の出も

スペシャルゲストのスーパームーン

スペシャルゲストのスーパームーン

第5位 御宿海岸(千葉県御宿町)/月の沙漠記念像越しの初日の出

ダイヤモンド富士だ、鳥居だでは定番すぎるとお嘆きのあなた! 第5位はちょっと異色の初日の出写真です。場所は『月の沙漠』の御宿海岸。砂漠でなく「沙漠」だということも、実は『月の沙漠』のモチーフとなったのは、作詞した詩人・加藤まさをの故郷に近い静岡県焼津市の吉永海岸が有力ということもこの際は抜きに・・・。駱駝に乗った王子様とお姫様が旅していく情景と、初日の出のコラボが撮れるのは、御宿だけです。
「御宿でも、観光客など多くの人は海岸、波打ち際から初日の出を眺めるのですが、ちょっと工夫して、日の出を見たらこのブロンズ像と太陽とのコラボをぜひカメラやスマホで撮ってもらいたいです。SNSで発信すれば一躍人気者です」(地元ホテル関係者の話)。

tukinosabaku

本土で、最初に初日の出を眺められる場所が清澄山!(鴨川市)

2016.12.30

本土の平地で「日本一早い初日の出」は、犬吠埼!

2016.12.29

初日の出は縁起のいい『ダイヤモンド富士』を!(竜ヶ岳/山梨県)

2016.12.29

絶景! 初日の出SPOTを探せ! 6位〜18位

2016.12.27

初日の出、ここが早いぞ! BEST10

2016.12.27

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

こちらもどうぞ