雪輪の滝

雪輪の滝

愛媛県宇和島市、「水源の森百選」に選定された四万十川の上流、滑床渓谷(滑床水源の森)・雪輪沢にかかる5層、全長300mという巨大な滑滝(なめたき)が、雪輪の滝(ゆきわのたき)。最下部だけでも落差80m、幅20mという巨大なもので「日本の滝百選」に選定されています。

花崗岩の一枚岩を流れ落ちる巨大なナメ滝

雪輪の滝

35度に傾斜する花崗岩の一枚岩の上を清流が滑り落ち、波紋が輪のように広がる様子が雪輪の滝の名の由来。
万年橋(駐車場)から徒歩40分。
雪輪沢の上流には、三ノ滑、ニノ滑、一ノ滑とナメ床が続き、雪輪の滝からさらに40分ほど歩いた先には大くらの滝も落ちています。

周辺には四国南限のブナ林、シャクナゲの大群落、ヒメシャラの純林など原始の森が残され、滑床成川鳥獣保護区(特別保護地区)に指定。

雪輪の滝
名称 雪輪の滝/ゆきわのたき
所在地 愛媛県宇和島市野川滑床
関連HP 松野町公式ホームページ
ドライブで 松山自動車道西予宇和ICから約44km
駐車場 150台/無料
問い合わせ 松野町森の国創生課 TEL:0895-42-1116
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
滑床渓谷(滑床水源の森)

滑床渓谷(滑床水源の森)

愛媛県北宇和郡松野町・宇和島市を流れる四万十川の支流、目黒川上流部の渓谷が、滑床渓谷(なめとこけいこく)。滑床水源の森は、四万十川の水質を保全する森で、「水源の森百選」に選定されています。渓谷のシンボルが日本の滝百選に選定の雪輪の滝(ゆきわ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ