大宝寺・本堂

大宝寺・本堂

愛媛県松山市にある真言宗豊山派の寺、大宝寺。大宝寺・本堂は、鎌倉時代前期の建立と推定される現存する愛媛県最古の建築物で国宝。平安時代末期の末法思想を背景に、浄土信仰隆盛に伴って建てられた阿弥陀堂で、本尊の阿弥陀如来坐像(国の重要文化財)を祀っています。

四国でも2番目に古い国宝建築物

桁行3間、梁間4間の寄棟造り、本瓦葺きの本堂。
もともとは茅葺きでしたが、延享2年(1745年)の修理の際に瓦葺きに改修されています。
すべて和様で、柱はすべて円柱。
四国でも藤原時代の建立と推測される豊楽寺・薬師堂(高知県長岡郡大豊町)に次ぐ歴史を誇る建築物になっています。

毎年3月28日に開扉されています。

ちなみに愛媛県の国宝建造物は、大宝寺・本堂のほか、太山寺(四国八十八ヶ所霊場第52番札所)・本堂、石手寺(四国八十八ヶ所霊場第51番札所)・二王門の合計3件で、すべて松山市にあります。

大宝寺・本堂
名称 大宝寺・本堂/たいほうじ・ほんどう
所在地 愛媛県松山市南江戸5-10-1
関連HP 松山市公式ホームページ
電車・バスで JR松山駅から徒步20分
ドライブで 松山自動車道松山ICから約8km
駐車場 5台/無料
問い合わせ 大宝寺 TEL:089-922-6837
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
大宝寺

大宝寺

愛媛県松山市にある真言宗豊山派の古刹、大宝寺(たいほうじ)。大宝年間(701年~703年)に地元の豪族(伊予大領)・越智玉興(おちのたまおき)の創建と伝えられ、寺号は創建された年号に由来しています。藩政時代には松山藩主・松平家の祈願所となっ

浄土庭園

【旅の百科事典】 末法思想

釈迦の入滅(にゅうめつ)後、時が経つにつれ仏教の正しい教えが衰滅することを説いた予言が末法思想(まっぽうしそう)。釈迦の死後、1500年後、または2000年の間が正法(しょうほう)・像法(ぞうほう)の世で、それを過ぎると「末法の世」となり、

豊楽寺

豊楽寺

高知県大豊町(おおとよちょう)にある真言宗智山派の寺で、柴折薬師とも呼ばれるのが豊楽寺(ぶらくじ)。神亀元年(724年)、行基創建と伝えられる古刹で、正式名は大田山大願院豊楽寺。鳳来寺山峰薬師(鳳来寺/愛知県)、日向薬師(宝城坊/神奈川県)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ