桶狭間・高根山(有松神社)

桶狭間・高根山(有松神社)

愛知県名古屋市緑区、大高緑地公園の東側にある桶狭間(おけはざま)・高根山(有松神社)は、住宅地の一角になっていますが、標高54.5mと一帯の最高地点。桶狭間の合戦の際に今川軍の先鋒として、遠江二俣城主・松井宗信(今川義元の近従で、三河尾張の遠征軍指揮官)が着陣した場所です。

桶狭間の戦いで今川軍本陣の前備えとして機能

高根山は、桶狭間の南北に連なる丘陵に、北側から高根山、幕山、巻山の順に並んでいます。
高根山から幕山にかけ、松井宗信率いる1500名の兵が、巻山には井伊直盛(いいなおもり=女領主となったNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』・井伊直虎の父)隊1000名のが陣取りました。

高根山から善照寺砦(ぜんしょうじとりで=名古屋市緑区鳴海町砦の砦公園/鳴海城の東側)、中島砦(名古屋市緑区鳴海町下中/扇川と手越川の合流点)方面の織田軍の動静を監視したのです。

今川軍は鳴海城(なるみじょう)と大高城を掌握しており、鳴海城を包囲するため織田信長は、善照寺砦、中島砦、丹下砦(名古屋市緑区鳴海町字丹下/光明寺の裏山)の三砦を築いて対抗しています。
さらに大高城との連絡を絶つべく、大高側(現在の大高緑地公園の西側)に丸根砦、鷲津砦を構築。

高根山は善照寺砦から出た佐々政次(さっさ まさつぐ=佐々成政の兄で井関城主)、千秋秀忠(せんしゅうすえただ=羽豆崎城主で熱田宮大宮司)の先遣隊300人との激戦地にもなった地。
善照寺砦に着陣した信長本隊の動きを悟られず、今川軍の目をそらせる決死隊でしたが、決死隊は壊滅。

松井宗信は、その後、信長が今川義元の本陣を攻撃した際に、手勢200名を率いて馳せ戻り懸命に奮戦して討ち取られ、井伊直虎の父・井伊直盛も家臣16人とともに戦死しています(直盛は井伊氏の菩提寺・龍泰寺に葬られ、龍潭寺殿という法名により寺号を龍泰寺から龍潭寺へ改名)。

高根山にある有松神社は、日清、日露、太平洋戦争の戦没者を祀るため、昭和30年に改築建立されたものです。

桶狭間・高根山(有松神社)
名称 桶狭間・高根山(有松神社)/おけはざま・たかねやま(ありまつじんじゃ)
所在地 名古屋市緑区有松町桶狭間高根39-242
電車・バスで 名鉄有松駅から徒歩15分
駐車場 なし
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
桶狭間古戦場公園

桶狭間古戦場公園

永禄3年5月19日(1560年6月12日)、織田信長が今川義元を討ったとされる桶狭間の戦い(おけはざまのたたかい)が行なわれた桶狭間古戦場は豊明市から名古屋市緑区にかけての一帯ですが、桶狭間の戦いの決戦の地というのは特定されていません。名古

桶狭間古戦場(桶狭間古戦場伝説地)

1560(永禄3)年5月19日、小勢の織田信長が今川義元の大軍を破った古戦場で国の史跡。桶狭間(おけはざま)は、東海道では池鯉鮒(知立)宿と有松宿の間に位置しますが、両軍とも東海道を通ってはいません。桶狭間古戦場の正確な場所は愛知県豊明市と

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ