尾張国府推定地(尾張国衙址碑)

尾張国府推定地(尾張国衙址碑)

尾張国の総社、尾張大国霊神社(国府宮)近くの愛知県稲沢市松下2丁目に立つのが尾張国衙址碑(おわりこくがあとひ)。尾張国の国府の遺構はまだ見つかっていませんが、ここが尾張国府推定地。稲沢市の松下地区は、かつての字名が国衙(こくが)、まさしく、国府の跡だと推測できるのです。

尾張国の国府推定地ですが、まだ遺構は未発見

平安時代の辞書『和名類聚抄』には、尾張国の国府は中島郡にあると記され、現在の津島市の尾張国衙址碑は中島郡南部に位置するので、可能性は大。
国衙という字名も律令時代、国司が地方政治を行なった役所を指す言葉なので、一帯が国府の中心と比定できるのです。
は尾張大国霊神社(国府宮)北側の発掘調査では、礎石建物や、国衙の建物を推測する遺物も発見されていますが、まだ国庁跡と断定されていません。

愛知県埋蔵文化財センターが平成19年〜平成20年に塔の越遺跡(国府跡推定地の東)を発掘調査した結果、数棟の掘立柱建物を確認していますが(奈良時代の国司の館跡と推測できる遺構)、まだ国衙の遺構はみつかっていません。
ひょっとすると名鉄国府宮駅の下に眠っているのかもしれず、今後の発掘調査の結果が待たれます。

国司が参拝した総社は尾張大国霊神社(国府宮)で、聖武天皇の詔で創建された尾張国分寺は南西に3kmほどのところにあり(尾張国分尼寺の遺構は見つかっていません)、一帯は奈良時代、尾張国の中心だったことがわかります。

尾張国府推定地(尾張国衙址碑)
名称 尾張国府推定地(尾張国衙址碑)/おわりこくふすいていち(おわりこくがあとひ)
所在地 愛知県稲沢市松下2-13-11
電車・バスで 名鉄国府宮駅から徒歩5分。JR稲沢駅から徒歩30分
ドライブで 名神高速道路一宮ICから約4km
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
尾張大国霊神社(国府宮)

尾張大国霊神社(国府宮)

愛知県稲沢市国府宮(こうのみや)にある古社が尾張大国霊神社(おわりおおくにたまじんじゃ)。尾張国の国府が近くにあり、尾張国に赴任した国司が国内の神社を巡拝する制度を簡略化するため、国府近くに選定、あるいは創建した尾張国総社なので、国府宮(こ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ