仙北市立角館樺細工伝承館

仙北市立角館樺細工伝承館

秋田県仙北市、「みちのくの小京都」・角館にある仙北市立角館樺細工伝承館は、「茶筒」に代表される樺細工(かばざいく)をはじめ、工芸、文化、歴史資料などを紹介する施設。樺細工は独特の技法を用いてヤマザクラ類の樹皮で作られる工芸品。国の伝統工芸品にも指定されています。

予約で樺細工の製作体験も楽しめる

樺細工は、ヤマザクラの樹皮特有の光沢を生かした、渋くて奥深な色合いが特徴。
ヤマザクラを樺(かば)と呼ぶのは、古語でヤマザクラを表す「かには(迦仁波)」が、かば(樺)に転訛したもの。

角館の樺細工は、天明年間(1781年~1789年)に佐竹北家の手判役(手判=通行手形)・藤村彦六が北秋田郡小阿仁村鎌沢(現・合川町鎌沢)の神官・御処野家から伝授されたものと伝えられています。
藩政期は藩の手厚い庇護の下、下級武士の手内職として伝承されていました。

樺細工といっても、木型に合わせて芯を作り、その上に樺を貼り付けて筒状のものを作る「型もの」(茶筒など)、下地に木地を使ったもの「木地もの」(文箱・硯箱など)、磨いたヤマザクラの樹皮を数十枚も重ね貼りし、それに彫刻を加える「たたみもの」(ブローチなど)の3種あり、角館樺細工伝承館を見学すれば、その奥深さがよくわかります。

館内では、実演も行なわれ、職人の熟練の技を見学することが可能。
製品の販売コーナーもあり、気に入った樺細工を購入することができます。
アクセサリーなど小物類も充実。
10日前までに予約すれば、樺細工の製作体験もできます。

平福記念美術館、新潮社記念文学館との2館共通券、3館共通観覧券も用意。

仙北市立角館樺細工伝承館
仙北市立角館樺細工伝承館
名称 仙北市立角館樺細工伝承館/せんぼくしりつかくのだてかばざいくでんしょうかん
所在地 秋田県仙北市角館町表町下丁10-1
関連HP 仙北市公式ホームページ
電車・バスで JR角館駅から徒歩20分
ドライブで 秋田自動車大曲ICから約25km
駐車場 市営桜並木駐車場(100台/有料)
問い合わせ 仙北市立角館樺細工伝承館 TEL:0187-54-1700/FAX:0187-54-1701
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

角館武家屋敷通り(仙北市角館重要伝統的建造物群保存地区)

芦名氏の角館入城で町割りが行なわれ、火除(ひよけ)と呼ばれる広場を中心に、北側に武家屋敷が建ち並ぶ通称「内町」(うちまち)を、南側に町人や商人が住む「外町」(とまち)を配した角館。武家屋敷群の表通りは、国の重要伝統的建造物群保存地区の指定を

武家屋敷石黒家

武家屋敷石黒家

秋田県仙北市、武家屋敷が残り、「みちのくの小京都」とも称される角館(かくのだて)。なかでも通称「武家屋敷通り」には20軒ほどの武家屋敷が建ち並んでいますが、武家屋敷通り北端に建つ石黒家は、佐竹北家に仕えた150石ほどの役人で、財政や学問に秀

角館歴史村・青柳家

角館歴史村・青柳家

秋田県仙北市、「みちのくの小京都」とも称される角館の武家屋敷のひとつが角館歴史村・青柳家。幕末の石高は150石ほどで、佐竹北家の組頭役を務めた青柳家。武家屋敷通りでもひときわ目を引く薬医門は、万延元年(1860年)の築造。この門の大きさ、壮

岩橋家

岩橋家

秋田県仙北市、「みちのくの小京都」とも称される角館にある武家屋敷のひとつ、岩橋家は、江戸時代末期に建てられた角館の典型的な中級武士(石高75石)の屋敷(秋田県の文化財に指定)。母屋の部屋数は4室で、木羽葺きの屋根に切妻造りで、質素で実用本位

角館雛めぐり

角館雛めぐり|仙北市|2020

2020年2月22日(土)~3月8日(日)、秋田県仙北市角館で『角館雛めぐり』が開催されます。角館の旧家、商家には、代々大切に受け継がれてきた享保雛や古今雛の古雛をはじめ、押絵雛、土人形などが数多く残されていますが、それを店頭などに飾るもの

角館の桜まつり

角館の桜まつり

毎年4月20日~5月5日、秋田県仙北市で『角館の桜まつり』。武家屋敷通りのシダレザクラと桧木内川堤に2kmにも渡って咲き誇るソメイヨシノの並木道が小京都の春を演出。城下のシダレザクラは、角館・佐竹家の2代目、佐竹義明の妻が輿入れの際、京・三

安藤醸造本店

安藤醸造本店

秋田県仙北市、武家屋敷が残り、「みちのくの小京都」とも称される角館にある味噌・醤油の醸造元が安藤醸造。創業は幕末の嘉永6年(1853年)という老舗。一帯には、木造の店舗が密集し、明治時代までは度々大火に見舞われていたため、耐火性の優れたレン

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ