旧苫米地家住宅

旧苫米地家住宅

青森県上北郡六戸町にある奥入瀬川流域に現存する最古の家屋が、旧苫米地家住宅。国道45号沿い、道の駅ろくのへの隣に平成17年3月に移築、公開されています。江戸時代後半の築と推測される古民家で、式台があることから格式の高い家柄だったことがわかります。六戸町の文化財に指定。

奥入瀬川流域に現存する最古の民家を移築公開

桁行方向(正面の幅)11間(江戸時代の1間は6尺で、1.8mほど/11間=19.8m)、梁間(奥行)5間(9m)で、建て坪は55坪ほど。
茅葺き屋根で、屋根の中央には「煙出し」があり、囲炉裏の煙を排出する仕組み。

式台とは、来客者が地面に降りることなく、 駕籠(かご)に乗れるように設けられた板の間。
つまりは身分の高い人が暮らし、訪問客も駕籠に乗って来るような人ということに。
内部には往時の生活用品が展示され、自由に見学ができます。
もともとは、道の駅の南西、奥入瀬川の南、六戸町柳町にあった民家で、道の駅横に移設保存されています。

旧苫米地家住宅
名称 旧苫米地家住宅/きゅうとまべちけじゅうたく
所在地 青森県上北郡六戸町犬落瀬後田85-1
関連HP 六戸町公式ホームページ
電車・バスで 青い森鉄道三沢駅からタクシーで15分
ドライブで 第二みちのく有料道路三沢十和田下田ICから約7km
駐車場 道の駅ろくのへ駐車場を利用
問い合わせ 六戸町教育委員会 TEL:0176-55-5511
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ