CATEGORY 知られざるニッポン

01北海道

【知られざるニッポン】vol.8 北海道を代表する観光地・層雲峡が危機に直面!?

層雲峡はかつて北海道を代表する観光地のひとつでした。今ではその地位を後発の富良野・美瑛や、最近では旭山動物園にすら人気の面では明け渡し、若い人には「層雲峡ってどこ?」 という感じの人も増えてきました。ところが、地元観光協…

01北海道

【知られざるニッポン】vol.7 「北の小京都」松前で知られざる寺町を歩く(後編)

龍雲院、法源寺、法幢寺など5つの寺や松前藩主松前家墓所が現存し、道内唯一の近世的な寺町として北海道遺産「福山(松前)城と寺町」にも認定の松前の寺町。前編ではその由来の秘密と光善寺を紹介しました。後編では龍雲院、法幢寺、阿…

01北海道

【知られざるニッポン】vol.7 「北の小京都」松前で知られざる寺町を歩く(前編)

「北の小京都」といわれるのが、最北の城下町・松前ですが、実は松前の城下町は、往事の町並みがほとんど残っていません。幕末の戊辰戦争(箱館戦争)で新政府側に寝返った松前藩は城下に火を放って逃走。これで、寺町も焼けてしまうので…

01北海道

【知られざるニッポン】vol.6 野幌森林公園で「森の巨人」クリの巨木に出会う

広大な石狩平野のほぼ中央の野幌丘陵にあり、開拓時代ほぼそのままの自然を保っているのが道立自然公園野幌森林公園です。大都市に隣接した平地林として世界的にも大変貴重な森林で、全体の8割、1603haは国有林ですから、今後も開…

01北海道

【知られざるニッポン】vol.5 阿倍比羅夫伝説の残るニセコで、曽我北栄環状列石へ!

忍路環状列石はすでに『知られざる北海道』で紹介しましたが、今回はニセコで見つけた環状列石の紹介を。オーストラリア人の進出で、今や国際的なスキー場と認知されたニセコですが、アンヌプリスキー場(ポテト共和国)の山麓にストーン…

01北海道

【知られざるニッポン】vol.4 北の縄文文化を思いながら、北限の歌才ブナ林へ!

北限のブナ林が、渡島半島の黒松内町にあります。それが歌才ブナ林。北海道遺産に登録されてはいますが、まだまだ訪れる人は多くはありません。日本のブナは、南は鹿児島県大隅半島から北は北海道渡島半島まで分布します。寿都(すっつ)…

01北海道

【知られざるニッポン】vol.2 農道空港って知ってますか? 余市農道空港に行ってみた

農道空港という言葉をご存知でしょうか? 農道なのか、空港なのかハッキリしないその言葉から、なんとなく、普段は農道だけど、収穫期には空港に変身・・・とまあ、想像はできます。百聞は一見にしかずで、余市にある「余市農道空港」に…

01北海道

【知られざるニッポン】vol.1 小樽にあるストーンサークル、忍路環状列石

小樽・余市周辺にはなんと80もの環状列石(ストーンサークル)があります。看板が出ているものがほとんどないのですが、最大規模の忍路環状列石(おしょろかんじょうれっせき)は、カーナビの地図にも出ています。実は、この忍路環状列…