粟又の滝自然遊歩道

粟又の滝自然遊歩道

千葉県夷隅郡大多喜町、房総随一の名瀑といわれる粟又の滝から、養老川沿いに水月寺近くまで続く全長1.7kmの遊歩道が粟又の滝自然遊歩道。足元は整備されて歩きやすいのですが、雨後は川の水かさが増すので注意を。見どころは千代の滝、万代の滝、昇龍の滝などで、紅葉シーズン(見頃は11月下旬~12月上旬)がとくに見事。

粟又の滝周辺の小さな滝を鑑賞する遊歩道

千葉県道178号(小田代勝浦線)沿いの下流側の駐車場に車を入れ、深沢の滝、昇竜の滝、子宝のもみじ、万代の滝、千代の滝、粟又の滝と探勝して、片道およそ50分ほど。
昇竜の滝と万代の滝の間には、周辺のモミジの母木となったという「子宝のもみじ」もあります。
滝は本流ではなく、支流や峡谷の断崖に落ちるので、迫力はありませんが、新緑シーズンなどにはそれなりに風情を感じることができます。

遊歩道の入口にも数台分の駐車スペースがありますが紅葉シーズンなどにはすぐ満車となり、周辺に臨時の有料駐車場が出現。

粟又の滝自然遊歩道
万代の滝
粟又の滝自然遊歩道
名称 粟又の滝自然遊歩道/あわまたのたきしぜんゆうほどう
所在地 千葉県夷隅郡大多喜町粟又地先
関連HP 大多喜町公式ホームページ
電車・バスで 小湊鉄道養老渓谷駅から小湊鉄道バス粟又の滝・上総中野駅行きで26分、粟又の滝下車
ドライブで 首都圏中央連絡自動車道木更津東ICから約28km
駐車場 小沢又駐車場(70台/有料)・粟又駐車場(37台/有料)
問い合わせ 大多喜町商工観光課 TEL:0470-82-2176
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

房総の絶景紅葉スポット 粟又の滝|千葉県大多喜町

房総一を誇る名瀑が養老渓谷の粟又の滝。正式名は高滝(たかたき)で、落差30m、幅30m、延長100mのなめ滝。滝周辺は新緑、紅葉の名所で、日本一遅い紅葉がキャッチフレーズの房総半島らしく、見頃は例年11月下旬〜12月上旬頃。渓谷沿いに茂る落

粟又の滝

粟又の滝

千葉県夷隅郡大多喜町粟又にある房総随一の名瀑といわれるのが粟又の滝(あわまたのたき)。養老渓谷の奥に位置する房総半島最大級の滝(滑滝)で、落差は30m、全長100mにも達します。上総層群黄和田層(泥岩層)のゆるやかな傾斜の岩盤に、水が流れ落

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ