安房国分寺跡(安房国分寺)

安房国分寺跡(安房国分寺)

天平13年(741年)、聖武天皇の詔(みことのり)により、国家鎮護のために諸国に建立された国分寺(金光明四天王護国之寺)のひとつが、安房国分寺。千葉県館山市国分にある後継寺院の安房国分寺一帯が安房国分寺跡だと推測され、往時の礎石が残され、瓦なども出土しています。

金堂の基壇と推測される遺構が発見されている

安房国分寺跡(安房国分寺)

安房国分寺跡は現在の国分寺とほぼ同じ場所で、薬師堂の左に金堂の基壇が確認されているほか、平瓦、軒丸瓦、三彩獣脚が出土しています。
安房国は養老2年(718年)に上総国(かずさのくに)から分かれて成立。
天平13年(741年)にいったん上総国へ併合された後、天平宝字元年(757年)に再び分離して立国しています。

安房国分寺は、国庁とともに古代には安房国(あわのくに)の最大の建築物だったと推測されますが、安房国分寺の建立は奈良時代末とする説、安房国には国分寺はなかったとする説までもあり、今後の解明が待たれるところ。

安房国分寺の北方900mの地に、尼坊と推測できる「アマンボウ」という地名が残り国分尼寺のあった地である可能性が残されています。

現在の国分寺は正式名を日色山国分寺という真言宗智山派の寺。
寺伝によればでは天平15年(743年)、国司の太木綿麿(ふとぎゆうまろ)が寺地を寄進し、行基作の薬師仏を本尊として建立、日色御堂と称したのに始まるとのこと。
その日色御堂が国分寺として機能した可能性も残されています。

安房国の国府はどこにあった!?

斎部広成(いんべのひろなり)が大同2年(807年)に編纂した『古語拾遺』(こごしゅうい)によれば、阿波国(あわのくに=現・徳島県)で麻などを栽培していた天富命(あめのとみのみこと)は、東国を開拓のため阿波の忌部氏(いんべうじ)を率いて黒潮に乗り、房総半島南端の布良海岸(阿由戸の浜)に上陸。
故国・阿波の名をとって安房、良い麻が生育した国は総国(ふさのくに)となったとされています。

南房総から開拓が始まったので、房総半島の南側が上総(かずさ)、北側が下総(しのうさ)になったという伝承で、地政学的にも辻褄(つじつま)は合います。

律令制度が始まり、奈良時代の養老2年(718年)に置かれた安房国(あわのくに)の国府・国庁(政庁=現在の県庁)がどこにあったかは判明していません。
その有力な推定地となっているのが宝珠院(南房総市府中687)。
一帯の字名も府中、そして宝珠院からは円墳3基が見つかっていることが有力な根拠。

現在、イオンタウン館山(館山市八幡)のある平久里川の河口一帯の字名が湊なのはそこに古代から中世にかけての湊があったから。
つまり、古代には大和朝廷が、関東へ進出する際の最初の停泊地となった湊で、その少し上流に国分寺、国分尼寺(館山市国分)、国府・国庁(南房総市府中)が配されたと推測できるのです(湊、国分、府中という字名に注目を)。

ちなみに、国司が参拝した安房国の総社は、鶴谷八幡宮(館山市八幡)、その 元社は元八幡神社(南房総市府中)、一之宮が安房神社(館山市大神宮)、二之宮が洲崎神社(館山市洲崎)と洲宮神社(館山市洲宮)とするのが通説です。

安房国分寺跡(安房国分寺)
名称 安房国分寺跡(安房国分寺)/あわこくぶんじあと(あわこくぶんじ)
所在地 千葉県館山市国分959
電車・バスで JR館山駅から日東バス館山鴨川線、または、館山千倉線で国分寺前下車、徒歩1分
ドライブで 富津館山道路富浦ICから約7km
駐車場 5台/無料
問い合わせ 館山市教育委員会生涯学習課 TEL:0470-22-3698
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

鶴谷八幡宮

安房の国の神々を集めて祀った総社。平安時代の初め、安房国総社として国府のあった国府村(現・南房総市府中)に創建され、鎌倉時代に源氏の氏神である八幡宮に変わり現社地に遷座しています。源頼朝が安房国で再起の際には、この社に武運長久祈念し、源実朝

元八幡神社

718(養老2)年5月2日、能登国(のとのくに)と同時に設置されたのが安房国(あわのくに)。元八幡神社は安房国の総社として国司が赴任した国庁近くに創建された古社です。鎌倉時代に総社としての機能が衰微し、源氏の影響で武神である八幡神信仰が高ま

安房神社

古代に阿波国(あわのくに=現在の徳島県)から渡ってきた忌部氏(いんべうじ)が創建と伝わる古社で、安房国の一之宮。主祭神は忌部氏の祖神、天太玉命 (あめのふとだまのみこと)。創建時は布良浜(現在の布良崎神社)に鎮座していましたが、717(養老

洲崎神社

房総半島西の突端、浦賀水道に突き出したのが洲崎(すのさき)の岬。そんな岬に鎮座する洲崎神社の祭神は、天比理乃咩命(あまのひりのめのみこと)。安房神社(あわじんじゃ)祭神の天太玉命(あめのふとだまのみこと=阿波から移住し安房を開いたと伝わる忌

洲宮神社

館山市神戸(かんべ)地区に鎮座する古社。古代に忌部氏(いんべうじ、斎部氏)の創建と伝わる安房国(あわのくに)開闢(かいびゃく)の歴史を秘める神社です。安房神社祭神の天太玉命(あめのふとだまのみこと=阿波から移住し安房を開いたと伝わる忌部一族

布良海岸(阿由戸の浜)・青木繁記念碑

布良海岸(阿由戸の浜)・青木繁記念碑

千葉県館山市布良にあるテレビドラマ『ビーチボーイズ』(フジテレビ系、平成9年放送、主演反町隆史・竹野内豊)のロケ地として一躍その名が知れわたった海岸が、布良海岸(阿由戸浜)。明治の洋画家、青木繁が代表作『海の幸』を描いたことでも知られ、高台

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ