元祖南京千両本家

元祖南京千両本家

福岡県久留米市にある日本のとんこつラーメンの元祖で九州ラーメンのルーツといえる店。JR久大本線南久留米駅に近い国分店で、ルーツの味を味わうことができます。初代の宮本時男氏(長崎県島原市出身)が、長崎ちゃんぽんをヒントに豚骨だけを使ったスープを考案、これが九州一円に広がったと推測できるのです。

とんこつラーメンの元祖は久留米にあり!

元祖南京千両本家

初代の宮本時男氏はうどんの屋台「たぬき」を営んでいたが昭和10年頃、時男氏の弟さんが働く横浜で「支那竹の入った支那そば(中華そば)がブーム」と耳にして横浜南京街(現・横浜中華街)や東京で広東風の中華そばを学び、昭和12年に「南京千両」という屋号で、久留米市の明治通りに屋台を出店。
横浜南京街の「南京」、多くの人に食べ親しんでもらえるように縁起を担いだ「千両」が屋号の由来です。
当初は、学生や、九州醫學専門學校附属病院(現・久留米大学病院)の医者などが常連で、「学生ラーメン」とも呼ばれていたのだとか。

広東系のとんこつスープは、宮崎県の小林市田舎夢来から取り寄せる黒豚と鹿児島の豚骨から出し、しょうゆベースのさっぱり味。
しかも、最後の一滴まで味わってもヘルシーなスープを心がけているのだとか。
これを中太の自家製ちぢれ麺にからませて味わうのです。
アルカリイオン水とモンゴル産の岩塩を使用するなど水と塩にこだわるのがうまさの秘密。

とんこつラーメンにはめずらしくメンマ入りなのは、南京街から持ち帰った伝統で、紅しょうがは合わないという初代・宮本時男氏の思いを今も受け継いでいるから。
ネギも地元久留米産の葉ねぎ(中ねぎ)で、博多万能ねぎとは異なり、「大ぶりだから風味がいい」と常連の支持を受けています。
そして、風味づけの本場の有明の海苔の香りと、「旨さ秘訣は、元祖の歴史と誇り」というのも頷けます。

名称 元祖南京千両本家/がんそなんきんせんりょうほんけ
所在地 福岡県久留米市野中町1357-15
関連HP 元祖南京千両本家公式ホームページ
電車・バスで JR南久留米駅から徒歩10分
ドライブで 九州自動車道久留米ICから約3km
駐車場 2台/無料
問い合わせ 元祖南京千両本家 TEL:0942-22-6568/TEL:0942−22-6567
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
大砲ラーメン本店

大砲ラーメン本店

福岡県久留米市にある久留米ラーメンの老舗が大砲ラーメン本店。昭和28年創業で、明治通りで初代・香月昇(かつきのぼる)氏が屋台を引いたのが始まりというとんこつラーメンの店。「当店のとんこつスープの煮込み時間は半世紀です」というのがキャッチフレ

大龍ラーメンベルモール東町店

大龍ラーメンベルモール東町店

福岡県久留米市のご当地ラーメン、久留米ラーメンの有名店、大龍ラーメン。創業は昭和41年で、西鉄久留米駅に近い便利な場所にあるのが大龍ラーメンベルモール東町店です。国産の豚骨を使ったコクのあるスープに、やや太めのコシのある自家製麺がよく絡むと

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ