元祖赤のれん節ちゃんラーメン本店

元祖赤のれん節ちゃんラーメン本店

福岡県福岡市中央区大名にある博多ラーメンの老舗のひとつが元祖赤のれん節ちゃんラーメン本店。
昭和21年創業で、豚骨スープを使った博多ラーメンの原型を築いた店ともいわれています。麺は極細ながら、平打ち。キクラゲではなく、メンマがのると、同じ博多でも長浜をルーツとするラーメンとは、異なる内容です。

屋台から始まり、豚骨スープを考案した店

元祖赤のれん節ちゃんラーメンもルーツは、他の「元祖」の店と同様に屋台。
創業店主・津田茂氏が中洲に屋台を出したのが始まりで、すでに数十の屋台が味を競うなかで、当初は、天ぷら屋台を営みますが、戦時中に中国・奉天(現在の中国瀋陽市)で味わった「十銭そば」を再現できないかと試行錯誤。
肉屋の前で捨ててあった豚骨に着目し、白濁した豚骨スープ、そしてそれにからむ細平麺を考案したのだとか。
細平麺を考案したのは、うどん屋台を営んでいた山平進氏の麺技術によるもの(「博龍軒」のルーツ)。
つまり、昭和23年ころに完成した、屋台を引いた2人のコラボ(津田茂氏の豚骨スープ、山平進氏の細平麺)が博多ラーメンのルーツというわけです(博多ラーメンのルーツに関しては諸説あります)。

スープに小豆島の濃口醤油を使ったのは、小豆島が妻の故郷だったから。
「節ちゃんラーメン」の「節」は津田茂氏の息子・津田節男氏の名に由来し、昭和59年に開業した店から使い始めたもの。

サイドメニューや一品料理も充実し、地元の人からも愛される名店です。

元祖赤のれん節ちゃんラーメン本店
名称 元祖赤のれん節ちゃんラーメン本店/がんそあかのれんせっちゃんらーめんほんてん
所在地 福岡県福岡市中央区渡辺通5-24-26
電車・バスで 福岡市営地下鉄天神駅から徒歩5分
問い合わせ 元祖赤のれん節ちゃんラーメン本店 TEL:092-741-0267
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
らーめん博多荘

らーめん博多荘

福岡県札幌、喜多方と並び、「日本三大ラーメン」にも数えられる博多ラーメン。今も営業を続ける店の中で、最古の歴史を有するのが中洲(福岡市博多区中洲)のど真ん中にあるらーめん博多荘。戦後間もない昭和21年に中洲に開店し、博多ラーメンを全国区にし

元祖長浜屋

元祖長浜屋

札幌、喜多方とともに「日本三大ラーメン」に数えられる博多ラーメン。現在の白濁した豚骨スープ、細くストレートで固茹で、そして替え玉OKは、魚市場近くの「長浜ラーメン」に由来するスタイル。そんな博多ラーメンのルーツといえるのが福岡市中央区長浜、

博龍軒

博龍軒

福岡県福岡市東区馬出にある博多ラーメンの「元祖」のひとつが博龍軒。地元の人が愛用する庶民派ラーメンの店ですが、創業者の山平進氏はうどん屋台を引いた屋台時代に「赤のれん」の津田茂氏とともに、現在の博多ラーメンの原型となる平打ち麺、白濁豚骨スー

日本三大ラーメン

日本三大ラーメンとは!?

あまり耳慣れない言葉ですが、「日本三大ラーメン」といわれるのが、博多、札幌、喜多方。いずれにも共通するのが屋台から始まったという点です。博多ラーメンは、森堅太郎氏が中洲で屋台「三馬路」を開業。札幌ラーメンは西山仙治氏の屋台「だるま軒」が、喜

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ