元祖長浜屋

元祖長浜屋

札幌、喜多方とともに「日本三大ラーメン」に数えられる博多ラーメン。現在の白濁した豚骨スープ、細くストレートで固茹で、そして替え玉OKは、魚市場近くの「長浜ラーメン」に由来するスタイル。そんな博多ラーメンのルーツといえるのが福岡市中央区長浜、昭和27年創業の元祖長浜屋です。

極細麺、そして替え玉発祥の店

長浜ラーメンの特徴は、好みによってカスタマイズできること。
カタ(普通の硬さよりやや硬い麺)、バリカタ(その次のレベル)、ハリガネ(さらに硬い麺)、粉落とし(もっとも硬い麺)という茹で方、さらには替玉というアレンジを生んだのが、「元祖長浜屋」。
実は、さらにユゲドオシ(湯気通し)だの、ハコダシ(茹でずにそのまま)というのもあるそうですが、現実的ではありません。
逆に「チョウヤワ」(超柔)というような注文をする人も稀に見かけます。

「ネギモリ」、「替え肉」(チャーシューを追加)など、常連の注文を見ているだけで、長浜らしさが堪能できます。

麺の硬さは、ナマ、カタ、フツウ、ヤワ、油の量は、ベタ、フツウ、ナシ、ネギはネギオオメ、ネギモリという分け方が店の基本です。
つまりは、「ナシ・ナマ・ネギモリ」などという呪文が店内を飛び交うことに。
地元の人は、「ガンナガ(元祖長浜屋)でバリカタ注文」とかいいますが、旅行者なら、まずは普通の硬さ麺を味わうことをおすすめします。

名古屋市の闇市で知り合った台湾人から豚骨ラーメンの作り方を学んだという榊原松雄が、昭和27年に博多駅前で開いた屋台がルーツ。
博多駅前では売れ行きが芳しくないため、中洲に移すも振るわないため、博多区大浜にあった魚市場前に屋台を出したところ、市場の朝飯として人気となったもの。
昭和30年に魚市場が長浜に移転するのに伴い、屋台も長浜に。
昭和49年になって、屋台から店舗営業に切り替えています。

麺が細いのは、市場関係者が待たないですむようにと、極細の麺を開発。
豚骨スープなのも、お腹に優しいため。
テーブルに置いてある、胡麻、胡椒、紅しょうがを好みでトッピングします。

元祖長浜屋
名称 元祖長浜屋/がんそながはまや
所在地 福岡県福岡市中央区長浜2-5-25
関連HP 元祖長浜屋公式ホームページ
電車・バスで 福岡市営地下鉄赤坂駅から徒歩10分
駐車場 周辺の有料駐車場を利用
問い合わせ 元祖長浜屋 TEL:092-711-8154
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
らーめん博多荘

らーめん博多荘

福岡県札幌、喜多方と並び、「日本三大ラーメン」にも数えられる博多ラーメン。今も営業を続ける店の中で、最古の歴史を有するのが中洲(福岡市博多区中洲)のど真ん中にあるらーめん博多荘。戦後間もない昭和21年に中洲に開店し、博多ラーメンを全国区にし

元祖赤のれん節ちゃんラーメン本店

元祖赤のれん節ちゃんラーメン本店

福岡県福岡市中央区大名にある博多ラーメンの老舗のひとつが元祖赤のれん節ちゃんラーメン本店。昭和21年創業で、豚骨スープを使った博多ラーメンの原型を築いた店ともいわれています。麺は極細ながら、平打ち。キクラゲではなく、メンマがのると、同じ博多

博龍軒

博龍軒

福岡県福岡市東区馬出にある博多ラーメンの「元祖」のひとつが博龍軒。地元の人が愛用する庶民派ラーメンの店ですが、創業者の山平進氏はうどん屋台を引いた屋台時代に「赤のれん」の津田茂氏とともに、現在の博多ラーメンの原型となる平打ち麺、白濁豚骨スー

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ