黄金山(黄金山緑地)

黄金山(黄金山緑地)

広島市街の東南、広島港に臨む標高222mの独立峰が黄金山(おうごんざん)。干拓が進む江戸時代以前は比治山(ひじやま)などとともに広島湾に浮かぶ島のひとつで、中世には山頂に仁保城が築かれていました。昭和34年に山頂にテレビ塔が建てられ、周辺が黄金山緑地として整備されています。広島港を眼下にする夜景の名所。

展望台は桜と夜景の名所

黄金山という名の起こりは、夕日を浴びて黄金色に輝くから、あるいは黄金の埋蔵金伝説からなど諸説あって定かでありません。
富士山の形状に似ていることから、「黄金富士」とも呼ばれています。

当初は仁保島という島でしたが、寛文2年(1662年)、東新開(現在の東雲)の埋め立てで陸続きになりました。
中世には仁保城が築かれ、水軍の拠点にもなっていました。

黄金山緑地内には展望台、トイレ、黄金山ハウス(レストハウス)が整備されるほか、仁保城本丸および二の丸の石垣が現存。
また春になると約500本もの桜が咲き誇ります。

登山道は、東本浦バス停、仁保1丁目バス停からというのが一般的ですが、舗装道路を歩くので登山というより散策といった感じです(桜の開花期には歩く人も多数)。

国道2号から車で10分ということもあり、夜景の名所としても知られますがが23:00~5:00は車道通行禁止となるのでご注意を(徒歩の場合でも立ち入りができません)。
日没を眺め、そらに青みが残されるうちがシャッターチャンスです。

名称 黄金山(黄金山緑地)/おうごんざん(おうごんざんりょくち)
所在地 広島県広島市南区黄金山町
関連HP 広島観光コンベンションビューロー公式ホームページ
電車・バスで JR広島駅から仁保車庫前行バスで旭ヶ丘団地入口下車、徒歩50分
ドライブで 広島都市高速3号線宇品ICから約5km
駐車場 山頂・黄金山ハウス前利用
問い合わせ 広島市観光案内所 TEL:082-247-673
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ