厳島神社・平舞台

厳島神社・平舞台

厳島詣(いつくしまもうで)の中心、厳島神社・御本社(国宝の本殿・拝殿・祓殿)の前、シンボルの大鳥居を眺める海側に配されているのが平舞台で国宝。その名の通り、フラットな舞台で、寝殿造りでいえば庭にあたる部分で、広さは167.6坪(553平方メートル)。旧暦6月17日に斎行される『管絃祭』の出御、還御はここから行なわれます。

寝殿造りの社殿の前庭にあたる部分が平舞台

厳島神社・平舞台

干潮時の火焼前

平清盛が都の「管絃の遊び」を模し、神様を慰める神事として執り行なわれたのが始まりという『管絃祭』。
この平舞台も神様が眺める、神様に奉納することを意識してつくられた場所です。

もともとは、安元2年(1176年)、平氏一門が社参して大掛かりな千僧供養(せんそうくよう=1000人の僧を招いて、食事を供し法要を行なうこと。その功徳は莫大)が行なわれた際、社殿の前に仮廊を設けたという記録があるので、その仮廊が常設化して平舞台になったと推測できます。

海側に突き出た場所は火焼前(ひたさき)。
『管弦祭』では、鳳輦(ほうれん=厳島神社の神輿)が火焼前から浜に降りて大鳥居のところの御座船まで運ばれます。
『玉取祭』では、火焼前から綱を引いて宝珠を乗せた台を上下して、宝珠を取り合います。
東西の火焼前の両端にあるのが国宝の門客神社(かどまろうどじんじゃ)で、ここが海上の大鳥居の写真を撮る人気の場所になっています。

その平舞台を支えるのが火焼前分と合わせて239本の束柱。
厳島神社のほかの社殿の束柱は木製ですが、平舞台を支えるのは、戦国時代に本殿などを改修した毛利元就(もうりもとなり)によって寄進されたと伝えられる赤間石の柱です。

厳島神社・平舞台 DATA

名称 厳島神社・平舞台/いつくしまじんじゃ・ひらぶたい
所在地 広島県廿日市市宮島町1-1
関連HP 厳島神社公式ホームページ
電車・バスで JR宮島口駅からJR連絡宮島航路または松大観光船で10分、宮島桟橋下船、徒歩15分
ドライブで 山陽自動車道廿日市ICから約4.7km。または、大野ICから約5kmで宮島口
駐車場 宮島口市営駐車場(166台/有料)・もみじ本舗駐車場(500台/有料)
問い合わせ 厳島神社 TEL:0829-44-2020/FAX:0829-44-0517
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

厳島神社・反橋

2018.10.18

厳島神社・客神社

2018.10.18

厳島神社・能舞台

2018.10.18

厳島神社・廻廊

2018.10.18

厳島神社・高舞台

2018.10.18

厳島神社・本殿

2018.10.18

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ