日本三舞台とは!?

日本三舞台

大陸から伝来した楽舞をルーツに、平安時代に大成した器楽を使った舞が舞楽。歴史ある社寺には、その舞楽を奉納するための舞台が用意されていますが、日本最初の官寺・四天王寺(大阪市)の石舞台、全国にある住吉神社の総本社・住吉大社(大阪市)の石舞台、そして厳島神社(広島県廿日市市)の板舞台が日本三舞台に数えられています。

神仏へ奉納する目的で始まった舞楽

舞楽も神楽と同様に本来は神仏を楽しませるもの。
四天王寺に伝承される「聖霊会の舞楽」は、聖徳太子が外来音楽(雅楽の前身)で三宝(仏・法・僧)を供養せよと命じて始まった天王寺楽所(てんのうじがくそ)がルーツです。
厳島神社に伝わる舞楽は、平清盛が天王寺から移したものと伝わります。
住吉大社も、『源氏物語』「若菜下」の巻に光源氏の住吉詣が描かれ、御神楽の奉納などがあったことがわかります。
中世、近世には住吉楽所が舞楽を奉納していましたが、明治の廃仏毀釈(住吉神宮寺の廃絶)、神仏分離で、住吉楽所も途絶し、美しい石舞台がその歴史を伝えています。

四天王寺・石舞台

所在地:大阪府大阪市天王寺区四天王寺1-11-18
建築:現存する石舞台は元和年間(1615年~1624年)築
奉納:天王寺楽所が雅楽を奉納、現在は国の重要無形民俗文化財に指定される「聖霊会の舞楽」(天王寺舞楽)を毎年4月22日の聖霊会(しょうりょうえ=聖徳太子の命日法要)に奉納

四天王寺・石舞台

四天王寺・石舞台

大阪市天王寺区の四天王寺(してんのうじ)は、推古天皇元年(593年)に建築が開始されたという日本最古の官寺。中心伽藍は大阪空襲で焼失し、現在の建物は昭和38年再建のコンクリート造りですが、「亀の池」の中央に配され、国の重要文化財に指定される

住吉大社・石舞台

所在地:大阪府大阪市天王寺区四天王寺1-11-18
建築:現存する石舞台は慶長12年(1607年)、豊臣秀頼の寄進
奉納:5月上旬の卯の日、御鎮座記念の祝祭として斎行される『卯之葉神事』(うのはしんじ)に舞楽が奉納

住吉大社・石舞台

住吉大社・石舞台

戦国時代末から江戸時代初め、豊臣秀吉、淀君、豊臣秀頼など豊臣家との結びつきが強かったのが大阪市住吉区にある摂津国一之宮の住吉大社。豊臣秀頼が寄進したという石舞台は国の重要文化財に指定され、四天王寺の石舞台、厳島神社の板舞台(平舞台・高舞台)

厳島神社・板舞台(平舞台・高舞台)

所在地:広島県廿日市市宮島町1-1
建築:(平舞台)戦国時代に本殿などを改修した毛利元就(もうりもとなり)によって寄進されたと伝えられる赤間石の柱が板舞台を支える/国宝
(高舞台)現存する舞台は天文15年(1546年)、棚守房顕の築/国宝
奉納:(平舞台)平清盛が都の「管絃の遊び」を模し、神様を慰める神事として執り行なわれたのが始まりという『管絃祭』(旧暦6月17日)での出御、還御はここから
(高舞台)平清盛が大阪・四天王寺から移したという舞楽は高舞台で演じられます(年10回ほど十数曲の舞楽が舞われています)

厳島神社・平舞台

厳島神社・平舞台

厳島詣(いつくしまもうで)の中心、厳島神社・御本社(国宝の本殿・拝殿・祓殿)の前、シンボルの大鳥居を眺める海側に配されているのが平舞台で国宝。その名の通り、フラットな舞台で、寝殿造りでいえば庭にあたる部分で、広さは167.6坪(553平方メ

厳島神社・高舞台

厳島神社・高舞台

宮島に鎮座する世界文化遺産に登録の厳島神社。その御本社・祓殿前にあるのが国宝の高舞台。その名の通り、周囲の平舞台から一段高くなった場所で、神様に奉納される舞楽が舞われる場所。黒漆塗りの基壇に朱塗りの高欄をめぐらし、前後に階段を設けた舞台では

掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ