小清水原生花園

オホーツク海と濤沸湖(とうふつこ)に挟まれた、約8km、275haにわたる砂丘地帯に、野生の花々が咲く自然の花畑。海側にはハマナス、エゾカンゾウ、国道224号を挟んで濤沸湖側には、センダイハギ、ヒオウギアヤメの大群落もあり、見事。6月〜8月にかけて、40種類の花が咲きますが、6月中旬〜7月下旬が花の最盛期。

オホーツク海沿いの砂丘にお花畑が続く

小清水原生花園インフォメーションセンター「Hana」を起点に、整備された遊歩道からの知床連山の眺めは最高。

5月〜10月には釧網(せんもう)本線の臨時駅・原生花園駅も開設されます。
一時期、放牧の中止や釧網本線を走るSLの廃止に伴う「野火」の減少によって外来の牧草が増殖し、花の減少が伝えられましたが、平成5年から春先に野焼きが行なわれるようになり、球根の植栽、帰化植物の除去などの保護活動も実施されて、美しい花畑が復活しています。

遊歩道を使ってオホーツクの浜に降りれば、ここが、「日本最北の鳴き砂」なんだとか。

サロマ湖ワッカ原生花園(北見市)とともに「北海道遺産」に登録されています。

小清水の海岸は日本最北の鳴き砂

海岸砂丘に咲くハマナス

小清水原生花園花カレンダー

エゾノコリンゴ:5月下旬~6月上旬
クロユリ:6月上旬~6月中旬
センダイハギ:6月上旬~6月下旬
ハマエンドウ:6月上旬~7月下旬
エゾスカシユリ:6月下旬~7月中旬
エゾキスゲ:6月下旬~7月中旬
ハマナス:6月下旬~8月下旬
ハマフウロ:6月下旬~8月下旬
エゾカワラナデシコ:7月上旬~8月中旬
ヒロハクサフジ:7月上旬~8月下旬

クロユリ

エゾスカシユリ

ハマナス

小清水原生花園 DATA

名称 小清水原生花園/こしみずげんせいかえん
所在地 北海道斜里郡小清水町浜小清水
関連HP http://www.town.koshimizu.hokkaido.jp/
電車・バスで JR原生花園駅(5月~10月のみ開設)下車、すぐ
ドライブで 女満別空港から約35km
駐車場 100台/無料
問い合わせ インフォメーションセンター「Hana」TEL:0152-63-4187

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

こちらもどうぞ