ムネサカ古墳(1号墳)

ムネサカ古墳(1号墳)

奈良県桜井市粟原(おおばら)にあるムネサカ古墳群の1基で、奈良県の史跡に指定されるのが、ムネサカ古墳(1号墳)。尾根の先端部に築造された直径45m、高さ8mという大型の円墳で、墳丘は2段築成。埋葬施設は両袖式の横穴式石室が設けられています。

山中にある巨石古墳ですが、到達はなかなか困難

ムネサカ古墳(1号墳)

花崗岩の巨大な切石を用いた横穴式石室は、岩屋山古墳(明日香村)とほぼ同一設計で、古墳時代終末期の7世紀前葉〜中葉の築造と推測されています。

石室全長は17mという大規模なもので、玄室も長さ4.6m、幅2.5m〜2.64mもあります。
岩屋山古墳は方墳であるが、ムネサカ1号墳は円墳という違いはありますが、ともに「岩屋山式石室」で、石室を築いた石工集団が地方の豪族の支配下ではなく、朝廷(王権)の管轄下に置かれていたことが推測できます。

被葬者は定かでありませんが、近くにある粟原寺の建立に関係した中臣氏という可能性も。

国道166号の沿い、丘陵上にある古墳で、林道途中から山道に分け入る、到達が困難とされる古墳のひとつ。
国道166号沿い、森本運輸の敷地が入口となるので、森本運輸に敷地内の立ち入りの許可を得てから、古墳を目指します(森本運輸から古墳まで徒歩10分)。
石室内部も見学できますが、懐中電灯など照明の持参を。

ちなみにムネサカ古墳群と称する古墳群は4基ありましたが、現存するのは1号墳と、2号墳の2基のみです。

ムネサカ古墳(1号墳)
名称 ムネサカ古墳(1号墳)/むねさかこふん(いちごうふん)
所在地 奈良県桜井市粟原417
関連HP 桜井市観光協会公式ホームページ
電車・バスで JR桜井駅から奈良交通バス大宇陀行きで12分、粟原下車、徒歩1分
ドライブで 西名阪自動車道天理ICから約17km
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
岩屋山古墳

岩屋山古墳

奈良県高市郡明日香村にある国の史跡に指定される古墳時代終末期(7世紀前半)の古墳が、岩屋山古墳。岩屋山の名の通り、巨石を使用した横穴式石室が露出しています。墳丘は西側が大きく破壊されていますが、方墳、あるいは八角墳だったと推測されています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ