三国港突堤

三国港突堤

福井県坂井市にある三国港は、宮城県の野蒜築港(のびるちくこう)、熊本県の三角西港(みすみにしこう)と並んで、明治三大築港のひとつ。九頭龍川河口右岸から港西片に突き出している三国港突堤は、明治11年、政府が派遣したオランダ人技師G・A・エッセルが建設した歴史ある突堤で、国の重要文化財に指定されています。

明治15年完成の突堤は国の重要文化財

三国港突堤

北前船で栄えた三国港(三国湊)。
九頭龍川は崩川との別名をもつほど氾濫をくり返した川で、河口にある三国港(坂井港)には多量の土砂が堆積。
明治の近代化とともに、蒸気船などの船舶の航行に支障をきたすため、水深の確保と港の安全を守るため河口の改修工事が急務となりました。

そこで明治政府は、オランダ人技師ジョージ・アルノルド・エッセル(George Arnold Escher)が提出した「坂井(三国)港修築建議」に基づき明治11年に改修工事を開始。
エッセル(日本ではゲ・ア・エッセルと呼ばれました)は、ヨハニス・デ・レーケ(Johannis de Rijke=「砂防の父」として有名)らとともに、明治6年に来日したお雇い外国人で、明治15年に完成した三国港突堤は、設計者の名を採って「エッセル堤」の名があります。
明治11年5月24日に着工しますが、エッセルは6月に帰国したため、実際の監督指導はその部下である技師ヨハニス・デ・レーケに託されています。

波による洗堀を防ぐために突堤の基礎に粗朶沈床(そだちんしょう=洗掘を防止するため木の枝ををマット状に編んで川底に沈めるもの)が敷かれ、その上に15tもの石を積むという粗朶沈床工法が採用されています。
粗朶沈床工法は、オランダ独特の水利技術です。
堤防は防波堤と導流堤の機能を兼ね備え、銚子口を狭くし、日本海へ排出する水流の勢い(ジェット噴射機能)で土砂を排出しようと考えたもの。
石材には地元、東尋坊や雄島の安山岩が使用されています。

日本海はオランダ人の想像以上に荒波で、沈床の破壊や機材の流出など、損害を受けること実に28回を数える難工事となっています(総工費は30万円)。

完成当時は幅9m、長さ511mでしたが、現在の突堤は昭和45年に400m延長されたもので、全長927mに及んでいます。

自然素材を用い、西洋の築港技術が日本で初めて導入された貴重な港湾遺産として、国の重要文化財に指定されるほか、経済産業省の近代化産業遺産(「海運業隆盛の基礎となった港湾土木技術の自立・発展の歩みを物語る近代化産業遺産群」)、土木学会の土木遺産にも認定。

ちなみにエッセルは、龍翔小学校(大正3年に取り壊され、「みくに龍翔館」はそれを模した建物)の設計、指導にもあたり、明治11年に離日し、祖国で水政省に復職し、退職後にオランダ王国獅子十字勲章を授与されています。
エッセルが三国港(三国湊)を訪れた明治初期は、北前船による交易が空前の繁栄期を迎えた時代で、その財力を背景に、龍翔小学校の設計を依頼したのです。

名称 三国港突堤/みくにこうとってい
所在地 福井県坂井市三国町宿
関連HP 坂井市公式ホームページ
電車・バスで えちぜん鉄道三国港駅から徒歩5分
ドライブで 北陸自動車道金津ICから約15km
駐車場 三国サンセットビーチ駐車場(600台/無料、夏季は有料)を利用
問い合わせ 坂井市文化課 TEL:0776-50-3164
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
旧森田銀行本店

旧森田銀行本店

福井県坂井市、北前船の寄港地として繁栄した三国湊(三国港)の有力問屋が軒を連ねた旧元新町にある洋風銀行建築が旧森田銀行本店。中世以来続く三国の豪商・森田家が廻船業に見切りをつけ、明治27年、いち早く銀行業などに転身をはかったのが森田銀行です

旧岸名家

旧岸名家

福井県坂井市、北前船で賑わった三国港(三国湊)で材木商を営んだ、新保屋・岸名惣助(きしなそうすけ)が代々住んでいた町家が旧岸名家。旧岸名家がある下新町は、かつては廻船問屋が軒を並べ、隣接する元新町とともに三国湊の商業の中心だった場所。現存す

三國神社

三國神社

福井県坂井市、北前船で賑わった三国港(三国湊)に鎮座する神社が三國神社。大山咋命(おおやまくいのみこと=神仏習合時代には山王権現)と継体天皇を祀った神社で、地元では「お山王さん」と呼ばれ親しまれています。楼門は北前船の全盛時代に、有力な北前

明治三大築港とは!?

明治三大築港とは!?

明治維新後の日本の近代化に伴う近代的な港湾整備で、明治政府が招いたお雇い外国人によって東北、北陸、九州に築かれた港が明治三大築港。東北は仙台湾(石巻湾)の野蒜築港(のびるちくこう)、北陸は北前船の寄港地・三国港、そして九州は、三井三池炭鉱の

デ・レーケ導流堤(若津港導流堤・筑後川導流堤)

デ・レーケ導流堤(若津港導流堤・筑後川導流堤)

明治16年、明治政府がお雇い外国人の一人、オランダ人技師ヨハニス・デ・レーケを招き、筑後川河口の土砂の堆積防止、若津港の航路確保のために築いたのが若津港導流堤(筑後川導流堤)。設計者のデ・レ-ケの名を採ってデ・レーケ導流堤と通称されています

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ