桃台猫台

桃台猫台

北海道礼文町、礼文島の西海岸、元地海岸のさらに南にある桃岩荘ユースホステル近くにある展望地が桃台猫台。背後に桃岩を眺め、海上に猫岩というのが桃台猫台という名の由来。桃岩・猫岩展望台というわけで「桃岩がより桃に、猫岩がより猫に見える」といわれています。地形図上の海岸名はエンカマです。

猫岩、桃岩を眺望する展望地

桃台猫台

大型バスも駐車できる駐車場もあるので、ツアー客がやって来ることもあります。
礼文島西海岸には元地海岸以外には車道はなく、桃岩荘ユースホステルから南にも道はありません。

桃岩は、マグマがつくった幅200m〜300m、高さ190mの巨大なドームです(浅い海底の柔らかな堆積物にデイサイトマグマが貫入)。
隆起し、周囲の地層が浸食されて、桃のかたちが生まれたもの。
桃台猫台や元地側から眺めると、放射状に柱状節理が発達していることがよくわかります。
また桃岩を挟んで過去(1万5000年前から近年)には巨大地すべり、岩盤崩落も発生しているので、展望台から見学を。

ちなみにエンカマという地名は、アイヌ語のウエン・カマ(wen-kama=悪い・岩盤)に由来すると推測すれば、地すべりの岩盤を伝えるアイヌ語地名ということに。

ちなみに全国に猫の付く地名は乗鞍岳の猫岳、鈴鹿山脈の猫岳など意外に少なく、北海道では、羅臼町に猫山があります。

桃台猫台
桃台猫台から元地海岸方面を眺望
名称 桃台猫台/ももだいねこだい
所在地 北海道礼文郡礼文町香深元地
関連HP 礼文町公式ホームページ
ドライブで 香深港から約4km
駐車場 20台/無料
問い合わせ 礼文島観光案内所 TEL:0163-86-2655(4月〜10月)
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

知られざる知床の秘峰! 「猫山」

世界遺産知床を目ざして、知床半島にやって来る旅人にはいろんな人がいます。取材中に出会った旅人のなかでも、ちょっぴり異色の人が、Sさん。本名は伏せさせて頂き、便宜的に「猫山」さんと呼ばせて頂きます。その「猫山」さん、知床に来た目的が、「猫山に

桃岩展望台

桃岩展望台

北海道礼文町、礼文島(れぶんとう)の玄関口、香深(かぶか)港南西の高台、高山植物群落にある展望台が桃岩展望台。桃の実のかたちをした桃岩を眼前にします。桃岩展望台から元地灯台にかけての丘陵地帯は、「花の浮島」と呼ばれる礼文島でも屈指のお花畑。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ