佐々木家住宅

隠岐の島町(旧西郷町)の釜地区にある現存する隠岐最古の木造住宅が佐々木家住宅。1836(天保7)年に建てられた母屋は、杉皮葺き、石置き屋根の切妻平屋建てという趣のある建物で、3か所に設けられた戸口、二重天井や太い大黒柱など、隠岐古来の民家の伝統を残し、国の重要文化財に指定されています。

隠岐最古の木造住宅で内部は資料館に、予約で郷土料理も体験可能

隠岐の島東海岸の釜地区(旧釜村)は、半農半漁の集落。
佐々木家は、代々釜村の庄屋を務めた旧家。
邸内には農具や、灯火用具などの生活用具などの民俗資料を展示。
「旧佐々木家生活用具」は県の文化財に指定されています。

また、急傾斜地に面した屋敷地も、江戸時代以来の姿をよくとどめているのでお見逃しなく。

3月~11月なら、1週間前までの予約で、サザエやアワビ、ぼんべ貝といった「貝入りご飯の海苔巻き」、煮しめなどを盛り付けた隠岐独特の大皿料理(ハレの日の隠岐の伝承料理)を味わうことができます(4名~対応/入館料込みで1人2000円くらいから)。
島後・釜地区の食文化を作り守り継ぐ、女性グループ「つわぶき」が料理を提供しています。
 

佐々木家住宅 DATA

名称 佐々木家住宅/ささきけじゅうたく
所在地 島根県隠岐郡隠岐の島町釜カス谷17
関連HP 隠岐の島町観光協会公式ホームページ
電車・バスで 西郷港(ポートプラザ)から隠岐一畑交通バス布施・飯美行きで25分、釜入口下車、すぐ
ドライブで 西郷港から約7km
駐車場 2台/無料
問い合わせ TEL:08512-2-1290
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

こちらもどうぞ