入江高砂貝塚館

入江高砂貝塚館

北海道虻田郡洞爺湖町にある国の史跡に指定の入江・高砂貝塚の出土品を収蔵、200点ほどを展示する施設が入江高砂貝塚館。南側にある入江貝塚、北側の高砂貝塚はともに世界文化遺産「北海道・北東北の縄文遺跡群」の構成資産で、入江高砂貝塚館はそのガイダンス施設にもなっています。

入江貝塚高砂貝塚ガイダンス施設

入江高砂貝塚館
イノシシ牙製装身具/JOMON ARCHIVES(洞爺湖町教育委員会所蔵)

イノシシの牙で作られた、人の歯を模したと考えられる装飾品(イノシシ牙製装身具)は全国で1例しかない貴重なもの。
出土品のなかには、ヒスイの勾玉(まがたま)がありますが、ヒスイは現在の新潟県糸魚川市で産したもので、日本海の大交流をうかがい知ることができます。

入江貝塚からは、木の棒で渦巻や波型の文様を描くのが特徴の入江式土器も出土。
入江貝塚出動の環状土製品(縄文中期/4500年前)は、粘土をドーナッツ状にして、細かい文様を描いたものですが、用途はわかっていません。
高砂貝塚からは土偶も出土していますが、こちらも何に使われたか判然としません。

入江貝塚出土の骨角牙貝製品134点(内訳:銛頭21点、釣針21点、針6点、刺突具5点、猪牙製装飾品1点、猪牙製品5点、骨製管玉9点、骨製垂飾27点、歯牙製垂飾21点、貝玉17点、貝輪1点)は北海道の文化財に指定され、一見の価値があります。
高砂貝塚の墓域から出土した副葬品、土器・石器も多数展示。

入江高砂貝塚館
高砂貝塚出土の土偶/JOMON ARCHIVES(洞爺湖町教育委員会所蔵)
入江高砂貝塚館
名称 入江高砂貝塚館/いりえたかさごかいづかかん
所在地 北海道虻田郡洞爺湖町入江190-108
関連HP 洞爺湖町公式ホームページ
電車・バスで JR洞爺駅から徒歩15分
ドライブで 道央自動車道虻田洞爺湖ICから約2.5km
駐車場 30台/無料
問い合わせ 入江高砂貝塚館 TEL:0142-76-5802
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
入江貝塚

入江貝塚

 北海道虻田郡洞爺湖町、噴火湾(内浦湾)沿いの縄文遺跡のひとつが入江貝塚。北側の高砂貝塚(たかさごかいづか)とともに世界遺産「北海道・北東北の縄文遺跡群」の構成資産17のひとつになった貝塚を伴う集落で、噴火湾(内浦湾)を眺望する標

高砂貝塚

高砂貝塚

北海道虻田郡洞爺湖町高砂、噴火湾(内浦湾)沿いの縄文遺跡のひとつが高砂貝塚。南側の入江貝塚とともに世界遺産「北海道・北東北の縄文遺跡群」の構成資産17のひとつになった貝塚を伴う集落で、噴火湾(内浦湾)を眺望する標高10mほどの台地上に位置し

北黄金貝塚情報センター

北黄金貝塚情報センター

北海道伊達市北黄金町、世界遺産「北海道・北東北の​縄文遺跡群」の構成資産のひとつ北黄金貝塚のガイダンス施設が、史跡北黄金貝塚公園にある北黄金貝塚情報センター。北黄金貝塚から出土した、世界最古ともいわれる骨刀(エゾシカやクジラの骨を加工した刀

世界遺産「北海道・北東北の縄文遺跡群」 北海道6遺跡

世界遺産「北海道・北東北の縄文遺跡群」 北海道6遺跡

豊かな落葉広葉樹林と、海や河川からの漁業資源を背景に、1万年以上にわたり採集・漁労・狩猟による定住生活が行なわれた縄文時代。世界遺産「北海道・北東北の縄文遺跡群」の構成資産となる17遺跡のうち、北海道は、千歳市以南の6遺跡が登録されています

世界遺産「北海道・北東北の縄文遺跡群」 全17遺跡 年代順リスト

世界遺産「北海道・北東北の縄文遺跡群」 全17遺跡 年代順リスト

世界文化遺産「北海道・北東北の縄文遺跡群」の構成資産となる北海道6遺跡、北東北11遺跡のすべての遺跡を年代順に紹介。狩猟文化といわれる縄文時代ですが、1万数千年の間に、土器が生まれ、定住が始まり、ムラに墓域が築かれ、さらに拠点集落が誕生する

世界遺産「北海道・北東北の縄文遺跡群」 全17遺跡 地域別リスト

世界遺産「北海道・北東北の縄文遺跡群」 全17遺跡 地域別リスト

世界遺産「北海道・北東北の縄文遺跡群」は津軽海峡を挟んだ北海道の南部と、北東北の縄文遺跡17遺跡が構成資産。縄文時代、日本の人口は北日本に集中していたともいわれますが、温暖な縄文時代には、北海道・北東北に豊かな漁業資源、森の恵みがあったので

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ