特別史跡 三内丸山遺跡

特別史跡 三内丸山遺跡

青森県青森市三内丸山、縄文時代前期から中期(約5500年前)に繁栄した巨大集落で国の特別史跡になっているのが三内丸山遺跡(さんないまるやまいせき)。世界遺産「北海道・北東北の縄文遺跡群」を代表する構成資産で、縄文時代には、巨大な建物を有して定住していたという日本の古代史を塗り替えた遺跡です。

「北海道・北東北の縄文遺跡群」の中核遺跡

三内丸山遺跡
空から眺めた三内丸山遺跡/JOMON ARCHIVES(青森県教育委員会撮影)

八甲田山系から北に伸びる緩やかな丘陵の先端部、沖館川(おきだてがわ)沿いの標高約20mの河岸段丘上に位置しています。
平成4年度から始まった青森県営野球場建設に先立つ発掘調査で、前例のない巨大な集落跡、東西に420m以上も延びる大規模な墓地跡が出現。
野球場の建設工事も中止され、永久保存となったもの。

三内丸山遺跡縄文時代前期から中期(定住発展期後半)にかけて、長期間にわたり定住生活が営まれた大規模な集落跡で、竪穴住居、成人用土抗墓、小児用甕棺墓、掘立柱建物、盛り土、捨て場、粘土採掘穴、貯蔵穴、道路などが計画的に配置されています。

三内丸山遺跡には、高さ14.7mの大型掘立柱建物や長さ32mの大型竪穴住居などが復元され、訪れる人の縄文時代、そして古代史に対する認識を一変させてくれます。

ヒスイ、メノウ、黒曜石から壮大な交流が判明

特別史跡 三内丸山遺跡
出土したヒスイ製大珠/JOMON ARCHIVES(三内丸山遺跡センター所蔵)

膨大な量の土器や石器のほかに日本最多の2000点を超える出土点数の土偶や岩偶、装身具類、骨角器、木製品、漆器などが出土。

出土した遺物の中には、北陸産(現・新潟県糸魚川市)のヒスイ、岩手・三陸産のコハク、北海道、佐渡、信州の黒曜石、秋田・油田地帯の天然アスファルトなど、遠方との交流・交易を示すものも発見されています。
天然アスファルトは縄文時代には接着剤や補修材、漆(うるし)と混ぜて黒色顔料としたり、埋葬の際にあの世に持たせる副葬品ともなっていました。

ヒョウタンやゴボウなど栽培植物の種子が見つかり、出土したクリは、DNA分析の結果、栽培・管理されていた可能性が高いことが判明、縄文時代にすでに農業が始まっていたこともわかっています。

平成になってから話題になった三内丸山遺跡ですが、遺跡自体は江戸時代から知られており、有名な紀行家・菅江真澄も寛政8年(1796​年)、花見を目的に三内村を訪れ、『栖家能山』に古い堰の崩れた場所から出土したという土器や土偶のスケッチを残しています。

ガイダンス施設として有料施設の三内丸山遺跡センターがあり、そこが三内丸山遺跡の入口 (三内丸山遺跡センターが休館時は見学不可)。
三内丸山遺跡センター内の「縄文時遊館」で出土品などが展示されています。

三内丸山応援隊のボランティアガイドが無料で遺跡をガイドしてくれるほか(定時ガイドは、所要50分)、縄文ポシェット作りなどの体験工房もあります。

世界文化遺産「北海道・北東北の縄文遺跡群」の構成資産となる青森県内の遺跡は、三内丸山遺跡(青森市)のほか、大森勝山遺跡(弘前市)、田小屋野貝塚(つがる市)、亀ヶ岡石器時代遺跡(つがる市)、小牧野遺跡(青森市)、是川石器時代遺跡(八戸市)、大平山元遺跡(外ヶ浜町)、二ツ森貝塚(七戸町)の合計8ヶ所。
青森県は、構成資産17ヶ所の半数近くを占めている「世界一の縄文遺跡の県」です。

世界文化遺産「北海道・北東北の縄文遺跡群」の構成資産で国の特別史跡になっているのは大湯環状列石(秋田県鹿角市)と2ヶ所だけです。

特別史跡 三内丸山遺跡
出土した土偶の数々/JOMON ARCHIVES(三内丸山遺跡センター所蔵)
特別史跡 三内丸山遺跡
左4点は縄文時代前期の円筒下層式土器、右4点は縄文時代中期の円筒上層式土器
/JOMON ARCHIVES(三内丸山遺跡センター所蔵、田中義道撮影)
特別史跡 三内丸山遺跡
名称 特別史跡 三内丸山遺跡/とくべつしせき さんないまるやまいせき
所在地 青森県青森市三内丸山
関連HP 特別史跡 三内丸山遺跡公式ホームページ
電車・バスで JR青森駅から青森市営バス三内丸山遺跡前経由免許センター行きで30分、三内丸山遺跡前下車、すぐ
ドライブで 東北自動車道青森ICからすぐ
駐車場 641台/無料
問い合わせ 三内丸山遺跡センター TEL:017-766-8282 /FAX:017-766-2365
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
大森勝山遺跡

大森勝山遺跡

青森県弘前市、津軽富士・岩木山山麓の舌状丘陵の先端、標高130m~ 150mにある縄文時代晩期の遺跡が大森勝山遺跡。環状列石(ストーンサークル)が発見されたことで知られ、世界文化遺産「北海道・北東北の縄文遺跡群」の構成資産にもなっています。

田小屋野貝塚

田小屋野貝塚

青森県つがる市、岩木川沿岸の標高10m~15mの丘陵上にあるのが田小屋野貝塚。貝塚という名前ですが、竪穴建物、墓、貝塚、捨て場、貯蔵穴などが出土する縄文時代(定住発展期前半)の貝塚集落跡で、世界文化遺産「北海道・北東北の縄文遺跡群」の構成資

亀ヶ岡石器時代遺跡

亀ヶ岡石器時代遺跡

青森県つがる市にある縄文時代晩期(紀元前1000年~紀元前300年頃)の集落遺跡が亀ヶ岡石器時代遺跡。明治20年、沢根地区から宇宙人を思わせる遮光器土偶(しゃこうきどぐう)が出土し、一躍有名な遺跡に。世界文化遺産「北海道・北東北の縄文遺跡群

小牧野遺跡

小牧野遺跡

青森市野沢小牧野にある縄文時代後期前半の遺跡。荒川と入内川に挟まれた標高80m〜160mの舌状台地に位置し、遺跡の中心は北東北に多い環状列石(ストーンサークル)。世界文化遺産「北海道・北東北の縄文遺跡群」の構成資産にもなっています。直径55

是川石器時代遺跡

青森県八戸市是川中居にある縄文時代の遺跡群が是川石器時代遺跡(これかわせっきじだいいせき)。縄文時代晩期中心の中居遺跡、前期・中期の一王寺遺跡、中期の堀田遺跡の総称が是川石器時代遺跡(是川遺跡)で、国の史跡、世界文化遺産「北海道・北東北の縄

大平山元遺跡

大平山元遺跡

青森県東津軽郡外ヶ浜町にある旧石器時代終末期〜縄文時代草創期の遺跡が大平山元遺跡(おおだいやまもといちいせき)。出土した土器のかけらは、日本最古の土器と推測されています。世界文化遺産「北海道・北東北の縄文遺跡群」の構成資産にもなっています。

大湯環状列石

大湯環状列石

鹿角市にある大湯環状列石(おおゆかんじょうれっせき)は、昭和6年に発見された遺跡で、ストーンサークルともよばれている縄文時代後期の大型の配石遺跡。国の特別史跡に指定され、世界遺産「北海道・北東北の縄文遺跡群」の構成資産ひとつで、環状列石も日

三内丸山遺跡センター(縄文時遊館)

三内丸山遺跡センター(縄文時遊館)

青森県青森市三内丸山にある世界遺産「北海道・北東北の縄文遺跡群 」(17ヶ所の遺跡で構成)の中核となる遺跡が三内丸山遺跡。その入口にある入場ゲートを兼ねたガイダンス施設が三内丸山遺跡センター(縄文時遊館)。三内丸山遺跡から出土した

世界遺産「北海道・北東北の縄文遺跡群」 北東北11遺跡

世界遺産「北海道・北東北の縄文遺跡群」 北東北11遺跡

氷河期の終焉とともに、石器を主な道具としていた旧石器時代は終わりを告げ、1万5000年ほど前に縄文時代が始まりました。世界遺産「北海道・北東北の縄文遺跡群」の構成資産のうち、北東北には11遺跡があり、そのうち8遺跡が青森県、2遺跡が秋田県、

世界遺産「北海道・北東北の縄文遺跡群」 全17遺跡 年代順リスト

世界遺産「北海道・北東北の縄文遺跡群」 全17遺跡 年代順リスト

世界文化遺産「北海道・北東北の縄文遺跡群」の構成資産となる北海道6遺跡、北東北11遺跡のすべての遺跡を年代順に紹介。狩猟文化といわれる縄文時代ですが、1万数千年の間に、土器が生まれ、定住が始まり、ムラに墓域が築かれ、さらに拠点集落が誕生する

世界遺産「北海道・北東北の縄文遺跡群」 全17遺跡 地域別リスト

世界遺産「北海道・北東北の縄文遺跡群」 全17遺跡 地域別リスト

世界遺産「北海道・北東北の縄文遺跡群」は津軽海峡を挟んだ北海道の南部と、北東北の縄文遺跡17遺跡が構成資産。縄文時代、日本の人口は北日本に集中していたともいわれますが、温暖な縄文時代には、北海道・北東北に豊かな漁業資源、森の恵みがあったので

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ