亀ヶ岡石器時代遺跡

亀ヶ岡石器時代遺跡

青森県つがる市にある縄文時代晩期(紀元前1000年~紀元前300年頃)の集落遺跡が亀ヶ岡石器時代遺跡。岩木川左岸の丘陵にある亀山地区、低湿地に位置する近江野沢地区、沢根地区にわかれた遺跡ですが、明治20年、沢根地区から遮光器土偶(しゃこうきどぐう)が出土し、一躍有名な遺跡に。

出土した「遮光器土偶」は国の重要文化財

亀ヶ岡石器時代遺跡

津軽半島を流れる岩木川左岸の標高7m~18mの丘陵(亀山地区)と、これを挟み込むように位置する標高3m~4mの北側の低湿地(近江野沢地区)と南側の低湿地(沢根地区)の総称が、亀ヶ岡石器時代遺跡。
丘陵部の亀山地区からは土坑墓の並ぶ墓域が、低湿地からは土偶、漆塗り土器や緻密な文様が施された造形的に優れた土器などが発掘されています。
とくに出土した土器や土偶は縄文時代晩期を象徴する貴重なもので、「亀ヶ岡文化」(北日本に広がる縄文時代の遺物を中心とした文化)という名を生んでいます。
明治20年、沢根地区から出土した左脚を欠いた大型土偶は、目を大きくデフォルメしたもので(東北地方の晩期土偶の特色)、北方民族のイヌイットが雪中の光除けに着用した「遮光器」に似ていることから「遮光器土偶」(しゃこうきどぐう)と通称されていますが、その名の起こりとなったのが亀ヶ岡石器時代遺跡出土の土偶。
国の重要文化財に指定され、東京国立博物館に収蔵されています(常設展示ではありません)。

三内丸山遺跡(青森市)、小牧野遺跡(青森市)、大湯環状列石(秋田県鹿角市)、伊勢堂岱遺跡(秋田県北秋田市)などと並び、世界遺産登録を目ざす「北海道・北東北の縄文遺跡群」の構成資産になっています。

名称 亀ヶ岡石器時代遺跡/かめがおかせっきじだいいせき
所在地 青森県つがる市木造亀ケ岡
関連HP つがる市観光物産協会公式ホームページ
電車・バスで JR五能線五所川原駅から弘南バスで亀ヶ岡下車、徒歩5分
ドライブで 東北自動車道浪岡ICから約35km
駐車場 10台/無料
問い合わせ つがる市教育委員会社会教育文化課 TEL:0173-49-1194
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
木造亀ヶ岡考古資料室

木造亀ヶ岡考古資料室

青森県つがる市にある遮光器土偶の出土で知られる亀ヶ岡石器時代遺跡の展示館。つがる市農業者トレーニングセンター 縄文館に併設され、亀ヶ岡遺跡で出土された土器や石器などを始め、2000点が収蔵展示されています。赤漆塗り壺形土器、注口土器など、「

木造駅(五能線)

木造駅

青森県つがる市にあるJR五能線の駅が木造駅(きづくりえき)。大正13年10月21日、五所川原〜陸奥森田間を五所川原線として開業した際につくられた歴史ある駅です。ユニークで、全国的に注目されるのはその駅舎。近くにある亀ヶ岡石器時代遺跡から出土

小牧野遺跡

小牧野遺跡

青森市野沢小牧野にある縄文時代後期前半の遺跡。荒川と入内川に挟まれた舌状台地の標高140mに位置し、遺跡の中心は北東北に多い環状列石(ストーンサークル)。埋葬、祭祀・儀礼などに使われたと推測されています。3重構造の環状列石のほか、竪穴式住居

大湯環状列石

鹿角市にある大湯環状列石(おおゆかんじょうれっせき)は、昭和6年に発見された遺跡で、ストーンサークルともよばれている縄文時代後期の大型の配石遺跡。「万座環状列石」、「野中堂環状列石」と名付けられた2つの環状列石があり、土器や石器、土偶などが

伊勢堂岱遺跡

北秋田市の北部、標高42m~45mほどの米代川西岸の河岸段丘上に位置する縄文時代後期前葉(紀元前2000年~紀元前1700年頃)の遺跡が伊勢堂岱遺跡。秋田県では日本最大のストーンサークルといわれる大湯環状列石(鹿角市)が有名ですが、伊勢堂岱

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ