北の庄城跡(柴田神社)

戦国時代、柴田勝家とお市の居城だったのが北の庄城。福井市街の中心に位置する北の庄城跡には、柴田勝家と、清州会議以降その妻となったお市を祀る柴田神社が鎮座しています。北の庄城の本丸の跡地に建ち、隣接の柴田公園とともに、往時にはここに北の庄城の天守が聳えていました。

境内社に浅井三姉妹を祀る三姉妹神社も

北の庄城は、江戸時代初め、徳川家康の次男・結城秀康(ゆうきひでやす)が福井城を築城する際に、破却。
勝家・お市を祀る石祠を福井城内の神祠として祀ったものがルーツとされています。

明治23年に旧福井藩主松平春嶽らにより、柴田神社が築かれました。
現在の社殿は平成10年の再建で、再建時に市の三人の娘、茶々・初・江の浅井三姉妹(あざいさんしまい)を祀る境内社・三姉妹神社が創建されています。

三姉妹神社

北の庄城跡(柴田神社) DATA

名称 北の庄城跡(柴田神社)/きたのしょうじょうせき(しばたじんじゃ)
所在地 福井県福井市中央1-21-17
関連HP 柴田神社公式ホームページ
電車・バスで JR福井駅から徒歩5分
ドライブで 北陸自動車道福井ICから約4.5km
駐車場 10台/無料
問い合わせ TEL:0776-23-0849
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

北の庄城跡(柴田公園)

2017.11.09
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

こちらもどうぞ