土浦まちかど蔵・野村

土浦まちかど蔵・野村

茨城県土浦市、亀城公園(土浦城跡)南の中城通り沿いにあるのが、土浦まちかど蔵・野村。水戸街道と霞ヶ浦に近く水陸交通の要所として栄えた土浦には今も多くの商家の蔵が残り、「野村」の江戸後期から明治初期に建造された4つの蔵も観光用に改装されています。国の登録有形文化財に指定。

明治時代以降は砂糖を商った商家

土浦まちかど蔵・大徳の向かいにある、江戸時代後期から明治時代初期に建てられた防火建築が、土浦まちかど蔵・野村。
明治時代以降は、野村さとう店として砂糖や水飴の卸問屋として繁栄しました。
店舗兼主屋の「母屋」では民俗資料の展示が行なわれるほか、機織りや草木染め体験が、「袖蔵」ではそば打ち体験が可能。
「文庫蔵」はギャラリーとなり、明治25年築の「レンガ蔵」は「喫茶蔵」として再生され、氷温熟成珈琲、オムライス、カレーなどを味わうことができます。

『土浦の雛まつり』(毎年2月4日~3月3日)では、手作りつるし雛などが展示されています。

土浦まちかど蔵・野村
名称 土浦まちかど蔵・野村/つちうらまちかどくら・のむら
所在地 茨城県土浦市中央1-12-5
関連HP 土浦市観光協会公式ホームページ
電車・バスで JR土浦駅から徒歩10分
ドライブで 常磐自動車道桜土浦ICから約5km
駐車場 土浦まちかど蔵来館者専用駐車場を利用
問い合わせ 土浦まちかど蔵・野村 TEL:029-822-0081
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
土浦まちかど蔵・大徳

土浦まちかど蔵・大徳

茨城県土浦市は水戸街道と霞ヶ浦に近く水陸交通の要所として商業が栄えた町。今もあちらこちらに商家の立派な蔵が残り、とくに市街中心の中城通りは往時の雰囲気が色濃く残っている場所。江戸時代末期に開業した呉服商「大徳」を再生したのが土浦まちかど蔵・

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ