平磯海岸(平磯白亜紀層)

平磯海岸(平磯白亜紀層)

茨城県ひたちなか市の磯崎町から平磯町にかけての海岸線は、「那珂層群」(那珂湊層)と称される中生代白亜紀の地層で形成される岩礁地帯。一帯が平磯海岸(平磯白亜紀層)で、岩石は砂岩、泥岩、礫岩などでできており、軟かい部分が波に浸蝕され、硬い部分がノコギリの歯のような岩根として残されています。

波が砕け散る中生代の岩礁

白亜紀層の岩礁は、東へ30度~40度傾斜した岩根が連続するのが特徴的。
泥岩が多い場所では波食棚が形成され、異常巻きアンモナイト化石が産出されています。
南側ほど泥岩が多いのは、南の地層の方が深い海で形成されたからだと推測できます。
巻き貝のように塔形のアンモナイトが出土することで有名で、海岸を散策すれば比較的簡単に観察することが可能。
アンモナイトは、7500万年前の中生代白亜紀に棲息していたもの。
平磯海岸周辺が深い海の底だった時代を反映しているのです。

波が押し寄せ、岩根にあたって砕ける様は実に絵になる光景で、初日の出の名所のひとつですが、散策、磯遊びなどに際しては高波などに十分に注意を。

平磯海岸(平磯白亜紀層)
平磯海岸の初日の出
平磯海岸(平磯白亜紀層)
名称 平磯海岸(平磯白亜紀層)/ひらいそかいがん(ひらいそはくあきそう)
所在地 茨城県ひたちなか市磯崎町
関連HP ひたちなか市公式ホームページ
電車・バスで ひたちなか海浜鉄道磯崎駅から徒歩7分
ドライブで 常陸那珂有料道路ひたちなかICから約6km
駐車場 50台/無料
問い合わせ ひたちなか市観光振興課 TEL:029-273-0111/FAX:029-276-3072
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ