つくば道起点

つくば道起点

茨城県つくば市の北条仲町(北条商店街)にあるのがかつての筑波山参詣道であるつくば道起点。北条仲町から中禅寺(現・筑波山神社、大御堂)までは1里(4km)の距離で、北条仲町の茨城県道139号(筑波山公園線)の分岐点には、「つくば道」(「日本の道百選」選定)の起点となる巨大な標石(しるべいし)が立っています。

筑波山信仰の中禅寺へと続く参詣道が「つくば道」

筑波山は、江戸城からみると丑寅(うしとら=北東)の方角にあり、鬼門にあたるため、徳川家康は鬼門鎮守として筑波山を崇め、中禅寺(現在の筑波山神社)を祈願所に定めています。

さらに3代将軍・徳川家光は、寛永3年(1626年)、堂宇の再建を行なっていますが(徳川家光の命による日光東照宮「寛永の大造替」の直前です)、その際に整備拡充された資材運搬路が、後に江戸庶民が歩いた筑波参詣道「つくば道」。
中腹の石鳥居(一の鳥居)から先は、かつては石段が続いていました(現在は舗装道路になっていますが、ゴールに近い旧筑波山郵便局前の旧道には石段が現存し、車は県道側を走行)。
つくば道の終点は、徳川家光寄進の神橋(神域の入口を示す橋)です。

「関東ふれあいの道-筑波山めぐりから旧参道へのみち」(筑波山~筑波山神社~大御堂~神郡~平沢~北条大池→筑波梅林/10km)にも組み込まれていますが、つくば道起点は通らず、平沢官衙遺跡から北条大池へと抜けています。

ちなみに、筑波山神社へと続く参詣道のつくば道ですが、明治の神仏分離、廃仏毀釈までは、坂東三十三箇所第25番札所の中禅寺(神仏習合)への参詣道でした。
延暦年間(782年〜806年)、法相宗の徳一が開いたと伝えら、空海が入山し、知足院中禅寺と号したと伝えられる名刹で、筑波山の山岳信仰(修験道)や日本古来の神道と習合し、筑波山の信仰を支えていました。
明治の廃仏毀釈の荒波で廃寺となり、昭和5年になってようやく大御堂として再興されています。

名称 つくば道起点/つくばみちきてん
所在地 茨城県つくば市北条
電車・バスで JR土浦駅からバスで北条仲町下車
ドライブで 常磐自動車道土浦北ICから約12km
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

筑波山神社

筑波山神社は筑波山をご神体として祀る山岳信仰の霊場。祭神となる筑波山の中腹にあり、登山道の起点ともなっています。双耳峰である筑波山山頂の男体山には筑波男大神の伊弉諾尊(いざなぎのみこと)が、女体山には筑波女大神の伊弉冉尊(いざなみのみこと)

筑波山神社神橋(旧中禅寺神橋)

筑波山神社神橋(旧中禅寺神橋)

茨城県つくば市、筑波山信仰を今に伝える建築物が筑波山神社神橋(旧中禅寺神橋)。3代将軍・徳川家光の中禅寺(現・筑波山神社、筑波山大御堂)修築の際の物資運搬の道を参詣道に転用した「つくば道」の終点、つまりは筑波山の神域の始まりに位置しています

平沢官衙遺跡

奈良・平安時代に造営された常陸国筑波郡の郡衙跡(ぐんがあと)で国の史跡となっているのが平沢官衙遺跡。官衙(かんが)とは古代の官庁のことで、郡役所の正倉跡と推測されています。これまでの調査で大きな溝が囲む構内に大型の高床式倉庫と考えられる建物

北条大池

北条大池

茨城県つくば市、平沢官衙遺跡(ひらさわかんがいせき=奈良平安時代の筑波郡の役所跡)のすぐ南、筑波山を眺める溜池が北条大池。大池、小池の2つの池があり、大池公園として整備されています。現在も農業用水に使われる池の畔には500本ほどの桜が植栽

筑波山神社随神門(旧中禅寺仁王門)

筑波山神社随神門(旧中禅寺仁王門)

茨城県つくば市筑波、神仏習合の筑波山信仰を今に伝える筑波山神社。筑波山山頂の男体山と女体山にある本殿を遥拝するのが山腹の拝殿ですが、拝殿前に建つのが筑波山神社随神門(旧中禅寺仁王門)。初代は寛永10年(1633年)、3代将軍・徳川家光により

日枝神社・春日神社(筑波山神社)

日枝神社・春日神社(筑波山神社)

茨城県つくば市、筑波山を祭神とする筑波山神社の拝殿近くにあるのが日枝神社・春日神社。春日神社の屋根裏から寛永10年(1633年)の墨書が発見され、3代将軍・徳川家光の中禅寺堂宇造営の際に創建されたことが判明しています。中禅寺は筑波山神社の別

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ