骨寺村荘園遺跡

骨寺荘園遺跡

岩手県一関市にある中尊寺に現存する荘園絵図『陸奥国骨寺村絵図』(国の重要文化財)に記された荘園(しょうえん)の景観が現存する中世の遺跡が、骨寺村荘園遺跡(ほねでらむらしょうえんいせき)。国の史跡に指定されるだけでなく、「一関本寺の農村景観」(いちのせきほんでらののうそんけいかん)として国の重要文化的景観に選定。

骨寺村荘園交流館を起点にマナーを守って散策を

骨寺荘園遺跡

もともとは、中尊寺の経蔵(きょうぞう)別当の所領だった荘園。
初代別当・自在房蓮光(じざいぼうれんこう)が、私領の骨寺を中尊寺経蔵に寄進したことに始まっています。
鎌倉時代の歴史書『吾妻鏡』に「経蔵領骨寺堺四至 東鎰懸(かぎかけ)、西山王窟、南岩井川、北峯山堂馬坂也」と村の四方の境が示され、さらに『陸奥国骨寺村絵図』によって往時の姿が判明しています。
ちなみに中尊寺に残る骨寺村の関係文書は永享7年(1435年)が最後なので中尊寺の荘園としての機能は15世紀半ばころには終焉していたと推測できます。

荘園遺跡を構成する天台宗の護法神・山王神を祀る山王窟(さんのういわや)、駒形根神社(国の史跡)、梅木田遺跡、伝ミタケ堂跡(峯山堂の跡)、遠西遺跡、要害館跡(ようがいだてあと)、若神子社、不動窟(ふどうのいわや)、慈恵塚、慈恵大師拝殿、白山社が国の史跡として保護の対象になっています。
田んぼも圃場整理が行なわれず、中世と同じ曲がりくねった畦道(あぜみち)が残され、中世以来の水系が大きく変わることなく利用され続けています。
曲がりくねった水路、鎮守の森、イグネと呼ばれる防風林が家々の西側に造られ、美しい風景を支えています。

私有地がほとんどのため、国道、県道、市道以外への車の侵入は不可。
許可なく田畑や屋敷内に立ち入ることもできません。
骨寺村荘園交流館(郷土料理レストランや産直コーナーも営業)がビジターセンターとして設置されているので、トイレなどはそこが利用可能。

骨寺村荘園交流館の駐車場に車を入れ、40分〜1時間ほどの散策コースを歩くことができます。
 

一関周辺で取材班おすすめの宿は!?

猊鼻渓、岩手サファリパーク、幽玄洞、そして世界遺産の平泉と、観光の拠点になるのが猊鼻渓の川下りの舟を運航するげいび観光グループの「館ヶ森高原ホテル」(たてがもりこうげんほてる)、そして眺望の良い高台に建つ「かんぽの宿一関」が人気です。

館ヶ森高原ホテル

ホテルから徒歩数分の場所に館ヶ森アーク牧場、車で2分で岩手サファリパークがあるという高原の環境で、ファミリーやカップルにおすすめ。
客室はツイン、ファミリールーム、ハンディキャップルームと洋室で、まさにリゾートホテル。
夕食は和洋が選択可能です。
大浴場はトロン原石を利用した人工温泉です。

かんぽの宿一関

部屋は和室の他に洋室、和洋室もあり、近年は洋室、和室ベッドタイプの人気が高まっています。
風呂は天然温泉(宝竜温泉「宝の湯」)で露天風呂も完備。
前沢牛、いわて南牛(一関のブランド牛)など地の素材を活かした料理は宿泊プランによって変わるので、予約の際に確認を。

 

骨寺荘園遺跡 DATA

名称 骨寺荘園遺跡/ほねでらしょうせんいせき
所在地 一関市厳美町字若神子241-2
関連HP 骨寺荘園遺跡
電車・バスで JR一ノ関駅からタクシーで30分
ドライブで 東北自動車道一関ICから約14km
駐車場 骨寺村荘園交流館前駐車場・骨寺村荘園休憩所駐車場/無料
問い合わせ 骨寺村荘園交流館 TEL:0191-33-5022/FAX:0191-33-5022
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ