大人の休日倶楽部・群馬県「奥四万湖篇」で紹介の奥四万湖はここ!

奥四万湖

吉永小百合が旅するテレビCMで注目のJR東日本大人の休日倶楽部。2020年3月27日(金)〜4月7日(火)に放送の「奥四万湖篇」で登場の奥四万湖(おくしまこ)は、群馬県・四万温泉の一番奥に位置する四万川ダムのダム湖です。神秘的なブルーは、四万十(しまんと)ブルーならぬ、「四万ブルー」の美しい湖で、まだまだ知られざる存在。

「ダムエレベーター特別開放」も実施

JRの群馬デスティネーションキャンペーン(2020年4月1日〜6月30日)に合わせてのPR。
「古墳王国群馬篇」に次いで、注目の観光スポットになることは間違いありません。

群馬デスティネーションキャンペーン(2020年4月1日〜6月30日)では、特別企画として奥四万湖と四万温泉街を繋ぐ「ぐるりんバス」(平日11本、土日祝22本運行)、「ダムエレベーター特別開放」(10:00~15:00)も用意されています。

四万川ダムの堤高は、89.5m。
群馬県が運営するダムとしては最も高いダム堰堤で、ダム下の日向見公園とダム堰堤を結ぶのがダムエレベーター。

コロナ問題で、公共交通機関の利用を控える場合は、日向見公園(ダム下)駐車場までマイカーで到達できます。

取材・画像協力/ググっとぐんま観光宣伝推進協議会

掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
四万川ダム・奥四万湖

四万川ダム・奥四万湖

群馬県中之条町を流れる利根川水系・四万川(しまがわ)の上流に築かれた群馬県営のダムが四万川ダム。四万温泉街の少し上流にあり、ダム堰堤まで国道353号が通じています(ダム堰堤が国道終点)。四万川ダムの完成で誕生したダム湖が奥四万湖。湖水は、酸

大人の休日倶楽部・群馬県「古墳王国群馬篇」

大人の休日倶楽部・群馬県「古墳王国群馬篇」で紹介の古墳はここ!

吉永小百合が旅するテレビCMで注目のJR東日本大人の休日倶楽部。過去にも放送後、人気急上昇の場所が数ありましたが、令和2年春のCMは、群馬県「古墳王国群馬篇」。登場するのは、大室古墳群(群馬県前橋市)、保渡田古墳群(高崎市)、太田天神山古墳

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ