霧島神宮

霧島神宮

鹿児島県霧島市にある古社、霧島神宮。祭神は、神話の世界で天照大神の命により高天原から地上に降りたと伝わる(天孫降臨神話)、瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)。もとは天孫降臨の地、霊峰・高千穂峰に僧・慶胤(けいいん)によって創建されたと伝えられています。明治以前は霧島六所権現の中心として繁栄しました。

創建当初は高千穂峰の山上に

霧島神宮

その後、火山の噴火により焼失、天暦年間、天台宗の僧・性空(しょうくう=霧島山などで修行し、後に書写山圓教寺を創建)が現在の高千穂河原付近(古宮址、ふるみやあと)に移し、さらに文明16年(1484年)、守護大名・島津忠昌(しまづただまさ)の命により現社地に遷座しています。

明治の神仏分離までは西御在所霧島権現と称した神仏習合(本地仏は十一面観音)で、もともとは高千穂峰に対する山岳信仰だったと推測できます。

中世には霧島山の周辺にある6ヶ所の寺社(神仏習合)、霧島六所権現の中心として繁栄しました。

代々当地を治めた島津氏の信仰は篤く、現在の社殿は、正徳5年(1715年)、第4代薩摩藩主・島津吉貴(しまづ よしたか)によって再建されたもの。
「西の日光」とも称された見事な社寺建築は、彩色や壁画、彫刻などの保存状態も良好で、本殿、弊殿、拝殿は国の重要文化財に指定されています。

境内にそびえる御神木の杉は推定樹齢800年で、南九州の杉の祖先ともいわれています。
坂本龍馬とお龍も慶応2年3月29日(1866年5月13日)、念願の高千穂峰登山を果たし、下山後、霧島神宮に参拝し、この大杉を見上げています。

勇壮な郷土芸能として有名な九面太鼓は、毎年元旦と2月11日に本殿で奉納。
6月第1日曜には『狭名田の長田御田植祭』(さなだのおさだおたうえさい)が行なわれています。

名称 霧島神宮/きりしまじんぐう
所在地 鹿児島県霧島市霧島田口2608-5
関連HP 霧島神宮公式ホームページ
電車・バスで JR霧島神宮駅から鹿児島交通の霧島神宮行きバスで8分、霧島神宮前下車すぐ
ドライブで 九州自動車道溝辺鹿児島空港ICから約24km
駐車場 500台/無料
問い合わせ TEL:0995-57-0001
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

高千穂峰

霧島連山の最南端に位置し、霧島連山第2位の高さとなる標高1573.6mのコニーデ火山が高千穂峰(たかちほのみね)。天孫降臨伝説の残る山で、頂上に天の逆鉾(あめのさかほこ)があり、霧島東神社(きりしまひがしじんじゃ)の御神体。山頂からは抜群の

東霧島神社

東霧島神社

神仏習合時代に、霊峰・高千穂峰を取り囲む聖地に祀られた霧島六所権現(霧島六社権現)のひとつが都城市の東霧島神社(つまきりしまじんじゃ)。神仏習合の江戸時代までは東霧島権現で、現在の主祭神は伊弉諾尊(いざなぎのみこと)。御神宝は伊弉諾尊の持ち

日本初の新婚旅行

【知られざるニッポン】vol.47 日本初の新婚旅行は龍馬とお龍の霧島旅行

薩長同盟締結直後の慶応2年1月23日(1866年3月9日)、京・伏見の「寺田屋事件」で龍馬は負傷し、寺田屋事件でも助けられた薩摩藩の小松帯刀(こまつたてわき)、西郷吉之助(西郷隆盛)の勧めで妻・おりょう(お龍)と温泉療養を兼ねて霧島を訪れて

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ