野毛山動物園

野毛山動物園

神奈川県横浜市西区、みなとみらい21を見下ろす高台に位置する野毛山公園にある動物園が、野毛山動物園。公園の総面積は9.6haで、そのうち3.3haが動物園として公開されています。昭和26年4月1日に野毛山遊園地として、動物園が開園、以来無料で楽しめる市営動物園として親しまれています。

入園無料ながら内容充実の動物園

野毛山動物園のコンセプトは、「誰もが気軽に訪れ、楽しめる動物園であり、小さな子どもがはじめて動物に出会い、ふれあい、命を感じる動物園」。
開園当時は遊園地と併設され、サルの電車などが運転されていましたが、現在では環境教育を学べる教育施設、そして希少動物の保全調査・研究を行なう施設になっています。
令和2年2月と4月には、世界でもっとも絶滅の危機に瀕しているリクガメである「ヘサキリクガメ」が孵化するなど、希少種の繁殖にも成功。

野毛山動物園で飼育されているのは、アミメキリン、チンパンジー、インドライオン、レッサーパンダ、グレビーシマウマ、フンボルトペンギンなど90種以上。
南太平洋にあるニューカレドニア島に生息するカグーを飼育するのは、日本では野毛山動物園だけ。
子供連れには、「インドライオン、アミメキリン、レッサーパンダが人気」とのこと。

動物との距離が近く、間近に動物を見ることができるのも特徴です。

「しろくまの家」は、かつてホッキョクグマを飼育していた施設を、そのまま見学施設として開放し、飼育場の裏側に入ることができ、ホッキョクグマの生態や飼育方法が分かる仕組み。

ツキノワグマの展示場の横にあるボタン園は、毎年4月~5月頃に見頃を迎えます。

軽食の「ひだまりカフェ」、野毛山動物園オリジナルグッズも販売の「なかよしショップ」も営業。
園内からh横浜のシンボル「ランドマークタワー」を眺望し、

モルモットやハツカネズミに触れられる「なかよし広場」があるほか、動物のネームプレートには、名前だけでなく、生まれた場所、特徴など詳しい解説が記されているので、読みながら回るだけでも楽しむことができます。

例年、8月には開園時間を延長し、「ナイトのげやま」を開催。

野毛山動物園
名称 野毛山動物園/のげやまどうぶつえん
所在地 神奈川県横浜市西区老松町63-10
関連HP 野毛山動物園公式ホームページ
電車・バスで 京浜急行線日ノ出町駅から徒歩10分
ドライブで 首都高速横羽線みなとみらいランプから約1.5km
駐車場 野毛山有料駐車場(110台/有料)
問い合わせ 野毛山動物園 TEL:045-231-1307
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
横浜市立金沢動物園

横浜市立金沢動物園

神奈川県横浜市の南部、金沢自然公園内にある世界の希少草食動物を中心に飼育する動物園が、横浜市立金沢動物園。大型の草食動物を中心に、ユーラシア区、アフリカ区、オセアニア区、アメリカ区など、世界4大陸に生息する動物を展示しています。世界の希少草

よこはま動物園ズーラシア

よこはま動物園ズーラシア

神奈川県横浜市旭区、「生命の共生・自然との調和」をメインテーマにする動物園が、よこはま動物園ズーラシア。名前は動物園(ZOO)と広大な自然をイメージしたユーラシア(EURASIA)の合成語。生息環境展示や世界の気候帯・地域別に分けられている

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ