旧伊藤博文金沢別邸

旧伊藤博文金沢別邸

神奈川県横浜市金沢区、野島公園にあるのが旧伊藤博文金沢別邸。明治時代、風光明媚な野島、富岡などの金沢近辺は、東京近郊の海浜別荘地として注目され、松方正義、井上馨などが別荘を構えました。明治31年には伊藤博文も別荘を建て、皇族たちもこの地を訪れています。

野島に構えた伊藤博文の別荘

旧伊藤博文金沢別邸

江戸時代に、金沢八景のひとつ「野島夕照」と詠われた景勝の地、野島に建つ別荘。
伊藤博文は、明治20年から、金沢洲崎の割烹旅館「東屋」と夏島別荘(明治20年〜明治22年まで夏島に建っていた伊藤博文の別荘、現・横須賀市夏島)で、大日本帝国憲法(明治憲法、「夏島憲法」とも)の起草作業を行なっています。
伊藤博文は、称名寺や金沢文庫の復興支援を行なっていることからも、横浜から蒸気船で1時間ほどの金沢を気に入っていたことがよくわかります。

明治36年には皇太子(後の大正天皇)、大正5年には大正天皇も訪れた別荘ですが、昭和17年に民間の保養所になり、昭和34年に横浜市の所有に。
老朽化が進み、玄関、湯殿部分は撤去されましたが、平成21年に往時の状態に復元され、庭園とともに公開されています。

建物は客間棟(客間・客用便所)、居間棟(居間・湯殿・便所)、台所棟(玄関・調理場・女中部屋)に分かれ、伊藤博文に関する資料や調度品などが展示されています。

明治31年当時、伊藤博文の本邸は、梅子夫人の病気療養のためということもあって大磯の滄浪閣(そうろうかく)。

風光明媚な野島に別邸が完成した明治31年は、第3次伊藤内閣が発足。
新党結成を唱えますが、山縣有朋の反対に遭い首相を辞任し、明治32年には全国遊説を行なっています。
明治33年9月には立憲政友会を創立し、初代総裁になり、第4次伊藤内閣が発足。
明治38年に初代韓国総監となりますが、明治42年にハルビン駅で暗殺。

旧伊藤博文金沢別邸
旧伊藤博文金沢別邸
名称 旧伊藤博文金沢別邸/きゅういとうひろぶみかなざわべってい
所在地 神奈川県横浜市金沢区野島町24
関連HP 野島公園・旧伊藤博文金沢別邸公式ホームページ
電車・バスで シーサイドライン野島公園駅から徒歩10分
ドライブで 横浜横須賀道路朝比奈ICから約5km
駐車場 第1駐車場(104台)・第2駐車場(52台)・室ノ木地区臨時駐車場(150台)/有料
問い合わせ 旧伊藤博文金沢別邸 TEL:045-788-1919
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
明治憲法起草地記念碑

明治憲法起草地記念碑

神奈川県横須賀市夏島町にあるのが明治憲法起草地記念碑。軍港だった横須賀の夏島には、伊藤博文が明治20年〜明治22年の間、別荘を構えていました。明治20年から、金沢洲崎の割烹旅館「東屋」と夏島別荘で、大日本帝国憲法(明治憲法、「夏島憲法」とも

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ