ウミウ展望台

ウミウ展望台

神奈川県三浦市三崎町、三浦半島南端の城ヶ島の太平洋に臨む断崖の上にあるのがウミウ展望台。城ヶ島一の景勝地・馬の背洞門から遊歩道で島の台地上へと上がった先、赤羽根海岸の上がウミウ展望台で、神奈川県の天然記念物「城ヶ島のウミウ・ヒメウ及びクロサギの生息地」を一望にします。

ウミウが城ヶ島の断崖で越冬

ウミウ展望台

城ヶ島の太平洋側は断崖と、関東大震災など過去の大地震で隆起した岩棚ですが、台地の上は、日本アルプスの山上を思わせる独特な草原風景が広がっています。
太平洋から吹き付ける強風と、降り注ぐ日差しが創出する風衝低木の草原地帯。
生育するクロマツも風を避けるように島の内側に傾いて枝を伸ばしています。

高さ30m、延長2kmの海食崖を利用して越冬するのがウミウ、ヒメウ、そしてクロサギ(留鳥)。
とくにウミウ展望台のある赤羽根海岸の先、赤羽崎が生息地で、展望台から岬の断崖を眺望できます。
ウミウ、ヒメウは北日本の冷涼な気候で繁殖し、10月末頃城ヶ島の断崖にやって来て越冬。
翌年の4月まで姿を見ることができ、最盛期にはウミウが1000羽以上を数えます。


クロサギは、南方系のサギなので、城ヶ島や房総半島が北限です。

ウミウ展望台
名称 ウミウ展望台/うみうてんぼうだい
所在地 神奈川県三浦市三崎町城ケ島
電車・バスで 京浜急行線三崎口駅から京浜急行バス城ヶ島行きで27分、終点下車、徒歩5分
ドライブで 横浜横須賀道路衣笠ICから約16km
駐車場 城ヶ島第3駐車場(92台)・城ヶ島第2駐車場(15台)・城ヶ島第1駐車場(22台)/有料
問い合わせ 三浦市観光協会 TEL:046-888-0588/FAX:046-888-5914
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
馬の背洞門

馬の背洞門

三浦半島南端の島、城ヶ島の南側に広がるテラス状の岩礁地帯にある高さ8m、横6m、厚さ2mの海食洞が馬の背洞門。城ヶ島灯台や商店街のある島の西部から台地上に上がり、尾根沿いに洞門横に下るルート、海岸の岩畳の上を歩くルート(高波時は歩行できませ

城ヶ島砲台跡

城ヶ島砲台跡

神奈川県三浦市、三浦半島南端の城ヶ島に設置された砲台の跡が城ヶ島砲台跡。文化5年(1808年)、浦賀奉行・岩本正倫が異国船監視の砲台を築いたのが始まりで、大正15年、三浦半島の要塞化に伴い東京湾要塞の一部として本格的な砲台が築かれています。

『城ヶ島の雨』詩碑・譜碑

『城ヶ島の雨』詩碑・譜碑

神奈川県三浦市三崎町城ケ島、城ヶ島大橋の下にあるのが『城ヶ島の雨』詩碑・譜碑。『城ヶ島の雨』は、「雨はふるふる城ヶ島の磯に」で知られる北原白秋の詩。大正2年に作詞され、10月に梁田貞が曲を付け、10月30日、東京・数寄屋橋近くにあった「有楽

城ヶ島大橋

城ヶ島大橋

神奈川県三浦市、三崎港側と城ヶ島を結ぶ全長575m、海上橋が城ヶ島大橋(じょうがしまおおはし)。昭和35年4月15日に開通し、神奈川県東部漁港事務所が管理する有料道路でしたが、令和2年4月1日に無料化されています。最高所は海面から21mあり

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ