道の駅大杉

道の駅大杉

高知県長岡郡大豊町を走る国道32号沿いにあるのが、道の駅大杉。国の特別天然記念物に指定される杉の大杉、大杉の苑(美空ひばり遺影碑・歌碑)の入口に建ち、大豊町の観光情報の発信地にもなっている道の駅です。高知と大歩危・小歩危を結ぶルート途中にあり、立ち寄る価値も大。

幻の碁石茶、棚田米も購入可能

道の駅大杉
「大杉観光センター」が道の駅の前身


大豊町でぜひ味わいたいのが、完全発酵茶「碁石茶」と、そばの実の甘皮を混ぜて打つ「立川そば」。
無農薬栽培の茶葉を原料に、大豊町に受け継がれる伝統製法の完全発酵茶「碁石茶」は、中国雲南省の山岳地帯がルーツともされる発酵茶。
大豊町東梶ヶ内という山間地でのみ栽培され、完全発酵させるまさに「幻のお茶」で、茶樹も山焼き跡に自生していた茶樹がルーツの「山茶」です。

道の駅大杉では碁石茶が購入できるほか、「碁石茶膳」で、碁石茶うどん、碁石茶で炊いたご飯を味わうことができます。
もちろん、立川そばも人気。

知る人ぞ知る、もうひとつの特産が大豊町西豊永地区で栽培されている「銀不老」。
「不老長寿の豆」といわれ、この豆を使ったロールケーキ、アイスクリーム、大福などが販売されています。

土産には、碁石茶、大豊町産棚田米(ヒノヒカリ)、乾燥しいたけ、原木しいたけをふんだんに使用した出汁醤油(だしじょうゆ)の「しいたけ醤油」、和風ドレッシングの「しいたけドレッシング」なども用意。

ちなみに、道の駅大杉は、元々は「大杉観光センター」というドライブインで、観光の窓口な存在だった施設。
平成3年4月22日に第1回の道の駅の認定を受け(全国103ヶ所)、道の駅大杉になったもので、実は、四国で最初に誕生した道の駅なのです。
今では地元色も強まり、まさに大豊町の観光と物産の顔になっています。

画像協力/土佐れいほく観光協議会

道の駅大杉
人気の「立川そば」
道の駅大杉
名称 道の駅大杉/みちのえきおおすぎ
所在地 高知県長岡郡大豊町杉743-1
関連HP 道の駅大杉公式ホームページ
電車・バスで JR大杉駅から徒歩20分
ドライブで 高知自動車道大豊ICから約2km
駐車場 15台/無料
問い合わせ 道の駅大杉 TEL:0887-72-1417/FAX:0887-72-1200
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
八畝の棚田

八畝の棚田

高知県長岡郡大豊町八畝、梶ヶ森の中腹にある、「天空の棚田」とも称される絶景の棚田が、八畝の棚田(ようねのたなだ)。大豊町は、急峻な谷と山が多く、怒田(ぬた)、穴内(あなない)など各地に棚田がありますが、なかでも八畝の棚田は絶景の棚田として、

杉の大杉

杉の大杉

高知県大豊町にある須佐之男命(すさのおのみこと)が植えられたと伝えられる推定樹齢3000年の巨木が杉の大杉。巨杉神社(八坂神社)の境内にどっしりと根を下ろすこの杉は、「日本一の大杉」といわれ国の特別天然記念物に指定されています。南大杉、北大

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ