元祖森からし蓮根 本店

元祖森からし蓮根 本店

熊本県熊本市中央区にある熊本名物からし蓮根の老舗が元祖森からし蓮根本店。肥後国熊本藩初代藩主・細川忠利(ほそかわただとし)の賄方をしていた初代・森平五郎が、体が弱い忠利のために増血作用があるレンコンを使って考案したのが、有名なからし蓮根です。

病弱だった藩主の健康維持で開発された健康食

元祖森からし蓮根 本店

麦みそに和からし粉を混ぜたものをレンコンの穴に詰め、それに小麦粉、肥後特産の空豆粉、卵の黄身を混ぜた衣をつけ、菜種油で揚げたもの。
病弱だった細川忠利が、禅僧にレンコンを食べるよう勧められたのが誕生のきっかけ。
寛永9年(1632年)、藩主の依頼で、賄方の森平五郎が、熊本城の外堀に栽培されていたレンコン(加藤清正時代に植栽されていました)に、麦味噌、辛子を加えて菜種油で揚げるからし蓮根を開発、その結果、藩主の健康が回復したため、苗字帯刀を許されたのです。

当初は殿様の健康食でしたが、一子相伝(いっしそうでん=跡継ぎにだけ製法を伝えるもの)で製法は受け継がれ、歯応えのあるからし蓮根は今では熊本の名物になっているのです。
レンコンの断面が細川家の家紋である九曜紋に似ていることもあり、江戸時代には一般の人は口にできず、店売りができるようになったのも明治維新以降なんだとか。

九曜紋が見えるよう5~8mmくらいに輪切りにしてそのまま味わうのが定番ですが、好みで醤油、マヨネーズを付けたりする人もいます。
辛いのが好きな場合には、電子レンジで数秒加熱すると辛味が増すのだとか。

昔ながらに職人の手作りで、防腐剤も使っていないので、購入後は早めの賞味を(賞味期限は10日)。
マヨネーズを入れてみたり、明太子を入れてみたりと新製品にもチャレンジした結果、うまくいかずに、今もからし蓮根一本筋。
それだけ完成度が高い、あつい支持を受ける商品ということに。

当主は18代目ですが、次期当主となる副社長の森久一郎さんは「からし蓮根風味チップス」、からし蓮根専用の醤油など新製品を生み出しています。

元祖森からし蓮根 本店
名称 元祖森からし蓮根 本店/がんそもりからしれんこん ほんてん
所在地 熊本県熊本市中央区新町2-12-32
関連HP 元祖森からし蓮根公式ホームページ
電車・バスで JR熊本駅から市営バス第一環状線で10分、新町下車、徒歩すぐ
ドライブで 九州自動車道益城熊本空港ICから約9km
駐車場 あり/無料
問い合わせ 元祖森からし蓮根 本店 TEL:096-351-0001/FAX:096-325-1832
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

今すぐ森からし蓮根を注文するなら

元祖森からし蓮根のオンラインショップで注文するならこちら

Yahoo!ショッピングで注文するならこちら

楽天市場で注文するならこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ