米塚下園地

米塚下園地

熊本県阿蘇市、阿蘇パノラマライン(熊本県道298号阿蘇公園下野線)途中の米塚を眼前にする園地が米塚下園地。草原に囲まれた広い駐車場に車を入れのんびりすることができるほか、草原の中を歩く8の字型の散策路も用意されています。

ウエスタンムード漂う園地

米塚下園地

眼前のすり鉢型の寄生火山、米塚を眺めるのはもちろん、杵島岳、往生岳などを眺望。
阿蘇カルデラの中でももっともウエスタンムードが漂うのがこのあたりなので、車を停めてぜひ小休止を。
米塚下園地から南西に伸びる遊歩道を使って展望所まで歩くことができますが、残念ながら眼前の米塚自体は登山禁止。
米塚に付けられた登山道のような道は原野の利用範囲を示す境界線なのです。

蛇ノ尾(標高754m、古い火山)にかけての草原は、阿蘇大宮司家が「下野狩」(しもののかり=下野の巻狩り)と呼ばれる巻狩(源頼朝の富士の巻狩の手本)を行なった場所だとされています。

米塚下園地
米塚下園地
名称 米塚下園地/こめづかしたえんち
所在地 熊本県阿蘇市赤水
電車・バスで JR阿蘇駅からタクシーで20分
ドライブで 九州自動車道熊本ICから約32km
駐車場 米塚下園地駐車場(45台/無料)
問い合わせ 阿蘇市観光課 TEL:0967-22-3111
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
米塚

米塚

阿蘇登山道路(阿蘇パノラマライン)と呼ばれる熊本県道111号(阿蘇吉田線)ぞいにある標高984mのすり鉢状の小山が米塚。比高80mほどの美しいスコリア丘(3000年前ほど前に形成されました)で中央には直径100mの火口があり(山体の基底直径

阿蘇パノラマライン

阿蘇パノラマライン

阿蘇カルデラの中心、阿蘇五岳(中央火口丘群)を縦断する熊本県道111号(阿蘇吉田線)・熊本県道298号(阿蘇公園下野線)の愛称が阿蘇パノラマライン。前身は有料道路だった阿蘇登山道路で、米塚、草千里ヶ浜、牛馬が放牧される牧草地など阿蘇らしい絶

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ