嵐電桜のトンネル

嵐電桜のトンネル

帷子ノ辻駅(かたびらのつじえき/京都市右京区)で京福電気鉄道嵐山本線と分かれ、北野白梅町駅(きたのはくばいちょうえき/北区)を結ぶ3.8 kmの京福電気鉄道北野線。その途中、鳴滝駅〜宇多野駅間の200mには70本のソメイヨシノが植栽され、開花期には桜のトンネルを抜けるシーンが出現します。

北野線全線開通を祝って植えられた桜の並木

期間限定で線路両脇に咲く桜のライトアップ(18:30〜20:20頃)も実施され、車内灯を消灯して低速で運行する夜桜電車も運転されていましたが、令和2年度から桜メンテナンスのため、ライトアップが休止されています。

大正15年3月に京都電燈の北野線全線開通を祝って植栽されたもので(大正15年3月10日、高雄口駅〜帷子ノ辻駅間が開業し全線開通)、樹齢も100年と単一クローンのソメイヨシノとしては寿命となる老木です。
例年の開花は、3月下旬~4月上旬。

嵐電桜のトンネル
名称 嵐電桜のトンネル/らんでんさくらのとんねる
所在地 京都府京都市右京区鳴滝嵯峨園町〜宇多野長尾町
問い合わせ 京福電気鉄道鉄道部運輸課 TEL:075-801-2511/FAX:075-801-2513
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
京福電気鉄道北野線

京福電気鉄道北野線

京都府京都市の帷子ノ辻駅(かたびらのつじえき/右京区)で京福電気鉄道嵐山本線と分かれ、北野白梅町駅(きたのはくばいちょうえき/北区)を結ぶ3.8 kmの軌道線が京福電気鉄道北野線。終点の北野白梅町駅から北野天満宮の参道入口までは徒歩数分の距

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ