網野銚子山古墳

網野銚子山古墳

京都府京丹後市網野町にある巨大な前方後円墳が網野銚子山古墳(あみのちょうしやまこふん)。墳丘長198mは、京都府はもちろん、日本海側で最大の古墳。神明山古墳(京丹後市)・蛭子山古墳(与謝郡与謝野町)と合わせて「日本海三大古墳」とも呼ばれています。

日本海側最大の前方後円墳が京丹後に!

網野銚子山古墳

墳丘長198m、後円部直系115m、後円部高16m、前方部幅80mの日本海側最大の前方後円墳で、三段築成になった墳丘の斜面には葺石(ふきいし)が配置され、さらに墳丘のテラスには、丹後地方特有の丹後型円筒埴輪(底径30cm~40cm、高さ93cm~95cm)が巡らされています。
上部がドーム型で丸くなった丹後型円筒埴輪は、網野銚子山古墳、神明山古墳、蛭子山古墳、小銚子古墳、法王寺古墳などわずか10基の古墳にのみ見られる埴輪です。
しかもこの丹後型円筒埴輪、因幡(いなば=鳥取県東半部)で出土する埴輪と同系列で、不思議なことに因幡と丹後に挟まれた但馬(たじま=兵庫県の日本海側)では出土していません(但馬では畿内との交流の影響を受けています)。
その形状から(因幡型のほうが壺の形状を残しています)、因幡から丹後に伝わったと考えられ、つ海路での交流があったと推測できます(但馬の海岸は急峻な地形で、湊に恵まれていません)。

発掘調査で、墳丘の南側に、幅17m~25mの周溝があったことが判明しています。
小銚子古墳と寛平法皇陵古墳という2基の陪塚(ばいちょう=主墳の脇に築造された近親者や従者の墳墓)とともに国の史跡になっています。

古墳が築かれた時期は4世紀末〜5世紀初頭(古墳時代前期)で、被葬者に関しては定かでありませんが、ヤマト王権と密接な関係を有した豪族であることは明らかです。
福田川河口、日本海を望む高所に築かれたという立地からは、環日本海の交流を彷彿させる立地です。
古墳が築かれた当時には、古墳の麓に潟湖(せきこ)・浅茂川湖が形成され、そこには大陸との交流の玄関口となる湊があったのでしょう。

古代に「丹後王国」が栄えた!?

網野銚子山古墳
墳丘の頂からは日本海を眺望

京都府立大学名誉教授・門脇禎二が昭和58年、古墳時代に丹後地方(現在の京丹後市一帯)に、ヤマト王権や吉備国などと並ぶ独立性を誇った「丹後王国」(タニハ王国)があったと主張しています(門脇禎二著『丹後王国論序説 日本海域の古代史』)。

門脇禎二は、『古事記』『日本書紀』の内容に丹後に関する記述が多いことに注目し、古代に丹後に栄えた大きな勢力があったと断定しているのです。
また、丹後型円筒埴輪は、「丹後王国」の条件となる独自の文化で、その強大な権力を象徴するモニュメントが、網野銚子山古墳だったわけなのです。

「丹後王国」に関しては否定する意見もありますが、古代に、丹後の地が大陸との交流という優越性を誇り、独自の文化を有した「クニ」があり、強大な豪族が君臨したことは明らかです。

網野銚子山古墳
名称 網野銚子山古墳/あみのちょうしやまこふん
所在地 京都府京丹後市網野町網野188
関連HP 京丹後市公式ホームページ
ドライブで 京都縦貫自動車道京丹後大宮ICから約17km
問い合わせ 京丹後市教育委員会事務局文化財保護課 TEL:0772-69-0640/FAX:0772-68-9061
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
神明山古墳

神明山古墳

京都府京丹後市丹後町宮にある巨大な前方後円墳が神明山古墳。墳丘長190mで、同じ京丹後市にある網野銚子山古墳に次ぐ日本海側2番目の巨大古墳で、蛭子山古墳とともに「日本海三大古墳」と呼ばれて、いずれも国の史跡になっています。出土品は同地区にあ

蛭子山古墳

蛭子山古墳

京都府与謝郡与謝野町にある巨大な前方後円墳が蛭子山古墳(えびすやまこふん/蛭子山古墳群の1号墳)。国の史跡となる網野銚子山古墳(京丹後市網野町)、神明山古墳(京丹後市丹後町)とともに「日本海三大古墳」のひとつですが、一番最初に築造されたのが

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ