関宿旅籠玉屋歴史資料館

関宿旅籠玉屋歴史資料館

国の重要伝統的建造物群保存地区に指定された三重県亀山市の東海道・関宿(せきじゅく)の中心、中町にある資料館が関宿旅籠玉屋歴史資料館。街道時代には、「関で泊まるなら鶴屋か玉屋、まだも泊まるなら会津屋か」と謳われた関宿を代表する大旅籠(おおはたご)だった玉屋(旧村山家)を再生したもの。

交通の要衝、東海道・関宿の大旅籠が現存!

帳場(ちょうば=会計をする場所、現在のフロント)、土間、土蔵、離れなどが昔のままに残され、館内には玉屋で使われていた食器、食前などの道具、庶民の旅の持ち物、安藤広重の浮世絵など貴重な歴史資料を展示しています。
入口にかかる講札は、「真栄講」、「猩々講」など伊勢詣でのために組織された様々な「伊勢講」(伊勢参宮を目的とした講。旅費を積み立て、くじで代表を選んで交代で参詣)の指定旅籠であることを示す札。
どの「講」も、旅の行程や道中で泊まる定宿、伊勢で宿泊する御師の家を定めていたため、来宿の予定日には、この看板を旅籠の軒先に吊るして目印としていました(定宿は、講の世話人が「宿取り」と称して、事前に街道を歩き、契約が決まると反物2、3反を添えてこの講札を渡していました)。
つまり、「講」は現在の旅行代理店のような機能をも有し、講札(講社札)は、現在の協定旅館の看板のようなものだったのです。

東追分、西追分の間、1.8km、25haが関町関宿重要伝統的建造物群保存地区。
中町はその名のとおり、本陣、脇本陣のある中央に位置しています。
中町には特色ある町屋が残り、西を見ると、美しい家並みとともに、地蔵院本堂の屋根と鈴鹿の山々が正面に見え、関宿でいちばんの景観を誇るエリアです。
玉屋の2階には、屋号にちなんで、宝珠の玉(玉から火焔があがる様)をかたどった虫籠窓(むしこまど=目の細かい虫籠格子を付けた窓)も設置。

ちなみに旅籠だった会津屋はお食事処「会津屋」として現存。
もう一軒の大旅籠だった鶴屋は、鶴屋脇本陣波田野家として建物は現存しています。

名称 関宿旅籠玉屋歴史資料館/せきじゅくはたごたまやれきししりょうかん
所在地 三重県亀山市関町中町444-1
関連HP 亀山市公式ホームページ
電車・バスで JR関駅から徒歩8分
ドライブで 名阪国道関ICから約1km
駐車場 関町観光駐車場(30台/無料)・道の駅関宿駐車場(36台/無料)
問い合わせ TEL:0595-96-0468/FAX:0595-96-0469
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
関地蔵院

関地蔵院

三重県亀山市、東海道の関宿にある真言宗御室派の寺が関地蔵院。天平13年(741年)、国中に流行した天然痘から人々を救済するため行基によって創建されたという古刹で、本尊の地蔵菩薩坐像は日本最古の地蔵菩薩といわれています。正式な寺号は宝蔵寺です

関宿・高札場跡

関宿・高札場跡

旧東海道・関宿(三重県亀山市)にある街道時代に亀山藩が管理した高札場跡。キリシタン禁令などの法規的な内容から隣接宿場までの人馬駄賃の規定、生活に関わる様々な張り出しが行なわれた場所です。明治10年に撤去されましたが、江戸時代後期、寛政年間か

関宿・百六里庭

関宿・百六里庭

東海道五十三次、江戸・日本橋から47番目の宿場が関宿(三重県亀山市)。関宿の家並みのなかに設けられた園地が百六里庭で、江戸から106里の地というのが名の由来となっています。旧東海道に面した眺関亭(ちょうかんてい)からは、鈴鹿山脈を背景にした

お食事処会津屋

お食事処会津屋

三重県亀屋市、国の重要伝統的建造物群保存地区にも選定される東海道関宿。街道時代の旅籠「会津屋」が往時の建物を活かして「お食事処会津屋」として営業しています。レトロな建物の中で手作りおこわと、街道そばが味わうことができます。ともに食材にこだわ

関宿(亀山市関宿伝統的建造物群保存地区)

関宿(亀山市関宿伝統的建造物群保存地区)

東海道五十三次の江戸・日本橋から数えて47番目の宿場が関宿。鈴鹿峠の東の麓に位置し、西の追分で大和街道が、東の追分で伊勢街道が分かれた重要な宿場が関宿。宿場は東の追分から西の追分まで1.8kmに渡る長大なもので、25.0haが国の重要伝統的

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ