三次の鵜飼|三次市

三次の鵜飼

毎年6月1日〜9月10日、広島県三次市の馬洗川・江の川で『三次の鵜飼』が行なわれます。三次の夏の風物詩、鵜飼。広島県の無形民俗文化財にも指定される潜水して魚を捕まえる鵜の習性を利用した伝統漁法で、遊覧船から鵜匠の巧みな手さばきを眺めることができます。貸切乗船のほか、乗合乗船も実施。

三次藩初代藩主・浅野長治が長良川鵜飼を導入

三次の鵜飼

三次の鵜飼は戦国時代、毛利氏との戦に敗れた尼子軍の落武者が浅瀬で徒歩鵜(かちう)を始めたとされ、後に三次藩初代藩主・浅野長治(あさのながはる=三次藩の基礎を築いた名君)が参勤交代の際に岐阜城下(現・岐阜県岐阜市)で長良川鵜飼を見て鵜匠制度を導入し、大正時代にはすでに現在の観光鵜飼が始まっています(現在、漁労としての鵜飼は行なわれていません)。

鵜匠が操る手綱が6.75mと全国一の長さのため、広範囲でダイナミックな鵜の狩りが見物できること、鵜匠が前船頭も兼ね、一度に8羽の鵜を統率することが『三次の鵜飼』の特長です。

当日の受付は19:00までに済ませ(受付場所は十日市親水公園内)、乗船は19:30。
1時間ほどの遊覧を楽しむことができます。
荒天時・河川濁水時をのぞく毎夜運航。

乗船希望日の前日の17:00までに三次市観光協会まで電話などで予約が必要。
鵜飼まつり、みよし市民納涼花火まつりの日に限り、通常の予約は行なっていないのでご注意を。

三次グランドホテルなどでは鵜飼がセットになった宿泊パックも用意されています(夕食は船内で弁当)。

三次の鵜飼|三次市
開催日時 毎年6月1日〜9月10日
所在地 広島県三次市十日市中 親水公園内
場所 親水公園鵜飼乗船場〜
関連HP 三次市観光公式サイト
電車・バスで JR三次駅から徒歩15分
ドライブで 中国自動車道三次ICから約4km
駐車場 あり/無料
問い合わせ 三次市観光協会 TEL:0824-63-9268/ FAX:0824-63-1179
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
鵜飼 全国11ヶ所★完全ガイド

鵜飼 全国11ヶ所★完全ガイド

『日本書紀』や『古事記』に記される鵜飼(うかい)。国内で観光的に鵜飼が行なわれているのは、山梨県石和温泉から、大分県日田温泉まで全国11ヶ所。鵜を操る鵜匠(うしょう)を育てること、さらにはウミウを飼いならすことに時間がかかるため、伝統的な漁

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ