唐招提寺・礼堂

唐招提寺の巨大な講堂の東にある南北に細長い建物が礼堂(らいどう)。鎌倉時代の築で国の重要文化財に指定されています。南北19間のうち、北側10間が東室、南側の8間が礼堂で、その間にある1間は馬道(めどう)と呼ばれる通路になっています。

仏舎利を安置する鼓楼を拝むための堂

礼堂とは、その名の通り、隣の鼓楼に安置された仏舎利を礼拝するための堂。
内部には、鎌倉時代作で高さ1.66mという釈迦如来立像(国の重文)、やはり鎌倉時代作の日供舎利塔(にくしゃりとう/国の重文)を安置しています。

日供舎利塔は鑑真が唐から持参し、現在では鼓楼に収められた仏舎利・「如来舎利三千粒(にょらいしゃりさんぜんりゅう)」から分けられた数十粒が収められた容器です。
つまり、日々の勤行礼拝用ということで、日々供養されるため、「日供」の舎利塔という名が付いています。

唐招提寺は世界遺産「古都奈良の文化財」の構成資産になっています。

唐招提寺・礼堂 DATA

名称 唐招提寺・礼堂/とうしょうだいじ・らいどう
Toshodaiji Temple, Raido
所在地 奈良県奈良市五条町13-46
関連HP 唐招提寺公式ホームページ
電車・バスで JR奈良駅から奈良交通バス六条山行きで17分、唐招提寺下車すぐ。または近鉄橿原線西ノ京駅から徒歩10分
ドライブで 京奈和自動車道木津ICから約7.5km
駐車場 150台/有料
問い合わせ TEL:0742-33-7900/FAX:0742-33-5266
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

唐招提寺・鼓楼

2017年11月23日

唐招提寺・宝蔵

2017年11月23日

唐招提寺・芭蕉句碑

2017年11月23日

唐招提寺・御影堂

2017年11月23日

唐招提寺・南大門

2017年11月23日

唐招提寺・経蔵

2017年11月22日

唐招提寺・講堂

2017年11月22日

唐招提寺・金堂

2017年11月22日

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ