興福寺・東金堂

法相宗大本山、669(天智8)年に藤原鎌足の病気平癒を祈願して妻・額田王が造営した山階寺が始まりと伝わる古刹が奈良の興福寺。平城遷都の際、鎌足の息子・藤原不比等により現在地に移され寺名を興福寺と改めました。薬師如来像を本尊として祀る東金堂は、国宝です。

中金堂の東にある金堂

寺の中心的な堂は710(和銅3)年の平城京遷都直後に造営が始められたと推定される中金堂。
その両側に東金堂、西金堂が建てられました。

東金堂は、726(神亀3)年に創建された堂で、度重なる兵火により焼失し、再建をくり返し、現在の建物は1415(応永22)年の再建。
本尊薬師如来像、日光菩薩、月光菩薩像は国の重要文化財。
薬師三尊が本尊なのは、聖武天皇が伯母にあたる元正天皇の病気平癒を祈願し、建立された堂のため。
1180(治承4)年、平家による南都焼討の兵火による焼失後、飛鳥の山田寺(現・奈良県桜井市)講堂本尊の薬師三尊像を興福寺の僧兵が強奪して安置したものとか。

文殊菩薩像、維摩居士像、四天王像、十二神将像は国宝。

興福寺は「古都奈良の文化財」として世界遺産に登録されています。

興福寺・東金堂 DATA

名称 興福寺・東金堂/こうふくじ・とうこんどう
Toukondou(Eastern Golden Hall),Kohfukuji
所在地 奈良県奈良市登大路町48
関連HP 興福寺公式ホームページ
電車・バスで JR奈良駅から奈良交通バス市内循環で5分、県庁前下車すぐ。近鉄奈良線奈良駅の東改札口からすぐ
ドライブで 京奈和自動車道木津ICから約6.4km
駐車場 興福寺駐車場(46台/有料)
問い合わせ 寺務所TEL:0742-22-7755
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

興福寺・北円堂

2017.12.05

興福寺・三重塔

2017.12.05

興福寺・五重塔

2017.12.05

興福寺・南円堂

2017.12.04

興福寺

2017.12.04
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ