日本に3社4路線しかないナローゲージ(特殊狭軌)に乗車しよう!

線路幅(ゲージ) が762mmしかない特殊狭軌、在来線の狭軌(1067 mm)の7割ほど、新幹線で採用される国際標準軌1435mmの半分ほどという狭い(ナロー) 鉄道がナローゲージ(Narrow Gauge/特殊狭軌)。現在国内には、3社4路線しかないという貴重な鉄道で、集中するのが三重県です。

軽便鉄道の歴史を受け継ぐ、4つの路線

昭和初期には全国に300路線以上あったという軽便鉄道。
現在、国内に残るナローゲージ(特殊狭軌)は、三岐鉄道北勢線(三重県桑名市・いなべ市)、四日市あすなろう鉄道の内部線・八王子線(三重県四日市市)、そして黒部峡谷鉄道本線(富山県黒部市)の3社4路線。
そのうち、三岐鉄道北勢線と四日市あすなろう鉄道は、近鉄(近畿日本鉄道)前身。
近鉄は、その歴史的背景から、奈良線、大阪線、名古屋線などの標準軌(1435mm)、南大阪線、吉野線、伊賀線(現・伊賀鉄道)、養老線(現・養老鉄道)などの狭軌(1067mm)、北勢線(現・三岐鉄道)、内部線・八王子線(現・四日市あすなろう鉄道)の特殊狭軌(762mm)の3タイプがすべて揃う珍しい線です。
桑名駅近くには近鉄名古屋線の標準軌、養老鉄道の狭軌、そして三岐鉄道のナローゲージ(特殊狭軌)と3線すべてを俯瞰できる貴重な場所があります。

かつては北海道の開拓を担った鶴居村営軌道、根室拓殖鉄道、鉱山関係の釜石鉱山鉄道、観光にも活躍した軽井沢と草津を結んだ草津軽便鉄道、沖縄を走った沖縄軌道、沖縄県営鉄道などなど全国各地に数多くのナローゲージ(特殊狭軌)がありました。
黒部峡谷鉄道本線も、もともとは黒部川の電源開発のための専用鉄道を観光にも転用したもので、現在も関西電力関係者専用列車が走っています。

三岐鉄道北勢線

区間(起終点):西桑名駅〜阿下喜駅(あげきえき)/三重県桑名市〜いなべ市
総延長:20.4km(日本最長のナローゲージ)
開業:大正3年4月5日(北勢鉄道)/大山田駅(現・西桑名駅)〜楚原駅間を開業
トクトクきっぷ:三岐鉄道1日乗り放題パス、阿下喜温泉往復割引切符(あじさいの里入浴券がセット)

三岐鉄道北勢線

三岐鉄道北勢線

三重県桑名市の西桑名駅と、いなべ市の阿下喜駅(あげきえき)を結ぶ、軌間(レール幅)762mmのナローゲージ(特殊狭軌)の鉄道が三岐鉄道北勢線(さんぎてつどうほくせいせん)。路線総延長は、20.4 kmで、ナローゲージ(特殊狭軌線)としては、

三岐鉄道北勢線阿下喜駅(軽便鉄道博物館)

三岐鉄道北勢線阿下喜駅(軽便鉄道博物館)

西桑名駅と阿下喜駅(あげきえき)を結ぶ三岐鉄道北勢線の終着駅が阿下喜駅(三重県いなべ市北勢町)。三岐鉄道北勢線は、現役で活躍する数少ない762mm軌間のナローゲージで、昭和6年全通の軽便鉄道(北勢鉄道)がルーツ。阿下喜駅には駅スタンプも用意

めがね橋(明智川拱橋)

めがね橋(明智川拱橋)

三重県いなべ市を走る三岐鉄道北勢線(軽便鉄道=ナローゲージ・狭軌)の明智川に架かる全長19.8mの橋梁がめがね橋(明智川拱橋)。土木学会の土木遺産にも認定される橋。アーチが連続することから「めがね橋」と呼ばれていますが正式名は明智川拱橋(あ

ねじり橋(六把野井水拱橋)

ねじり橋(六把野井水拱橋)

三重県いなべ市を走る三岐鉄道北勢線(狭軌=ナローゲージで有名)にある橋梁で、土木学会の土木遺産にも認定される橋。正式名は六把野井水拱橋(ろっぱのゆすいきょうきょう)ですが、「ねじりまんぽ」を使った形状からねじり橋と通称されています。江戸時代

四日市あすなろう鉄道内部線

区間(起終点):あすなろう四日市駅〜内部駅(うつべえき)/三重県四日市市
総延長:5.7km
開業:大正元年10月6日(三重軌道)/南浜田駅〜日永駅間を開業
トクトクきっぷ:四日市あすなろう鉄道の全線が1日乗り放題の「1dayフリーきっぷ」

四日市あすなろう鉄道

四日市あすなろう鉄道

三重県四日市市内を走る軌間762mmの特殊狭軌線(ナローゲージ)の鉄道が四日市あすなろう鉄道。内部線(あすなろう四日市駅〜内部駅)5.7km、八王子線(日永駅〜 西日野駅)1.3 kmという短い路線ながら、軽便鉄道の旅を楽しむことができます

四日市あすなろう鉄道内部線・内部駅

四日市あすなろう鉄道内部線・内部駅

三重県四日市市内を走る軌間762mmの特殊狭軌線(ナローゲージ)の鉄道が四日市あすなろう鉄道。内部線(あすなろう四日市駅〜内部駅)5.7km、八王子線(日永駅〜 西日野駅)1.3 kmに分かれていますが、メインとなる内部線の終着駅が内部駅(

四日市あすなろう鉄道八王子線

区間(起終点):日永駅〜西日野駅/三重県四日市市
総延長:1.3km
開業:大正元年8月14日(三重軌道)/日永駅〜八王子村駅(後の伊勢八王子駅)間を開業
トクトクきっぷ:四日市あすなろう鉄道の全線が1日乗り放題の「1dayフリーきっぷ」

四日市あすなろう鉄道八王子線・西日野駅

四日市あすなろう鉄道八王子線・西日野駅

三重県四日市市内を走る軌間762mmの特殊狭軌線(ナローゲージ)の鉄道が四日市あすなろう鉄道。日永駅(ひながえき)で内部線と分岐し、わずか1.3kmの短い線が八王子線で、その終着駅が西日野駅です。大正元年8月14日、三重軌道の日永駅〜八王子

黒部峡谷鉄道本線

区間(起終点):宇奈月駅〜欅平駅(けやきだいらえき)
総延長:20.1km
開業:大正15年10月23日(日本電力)/宇奈月駅〜猫又駅間を開業
トクトクきっぷ:「1日乗り放題きっぷ」のほか、夏休みこどもデー(お盆を除く夏休み期間)は、6歳以上12歳未満の子供は無料、秋の平日にはシニアデーも設定

黒部峡谷鉄道(トロッコ電車)

黒部峡谷鉄道(トロッコ電車)

富山県黒部市、宇奈月温泉にある宇奈月駅から黒部川の峡谷沿いに上流の欅平駅(けやきだいらえき)までの20.1kmを結ぶのが黒部峡谷鉄道(トロッコ電車)。もともとは黒部川の電源開発のために敷設された軽便鉄道で、日本に3社4路線しかないナローゲー

黒部峡谷鉄道・欅平駅

黒部峡谷鉄道・欅平駅

宇奈月温泉(宇奈月駅)から黒部川に沿って上流へと走る黒部峡谷鉄道(黒部峡谷トロッコ電車)。その終点となるのが欅平駅(けやきだいらえき)。欅平駅は有人駅で欅平駅2階には奥鐘山の断崖絶壁を眺めるレストラン「レストイン欅」もあります。さらに駅構内

黒薙駅

黒薙駅

富山県黒部市宇奈月町、黒部峡谷鉄道の駅で、他の駅と同様に峡谷にへばり付くように設置されているのが黒薙駅(くろなぎえき)。ホームの一部は黒薙川に架かる後曳橋(あとびきばし)の上です。黒部峡谷鉄道では数少ない有人駅ですが、ホームの見通しが悪いた

鐘釣駅

鐘釣駅

富山県黒部市宇奈月町、黒部峡谷を走る黒部峡谷鉄道(黒部峡谷トロッコ電車)の有人駅、鐘釣駅。断崖絶壁の黒部峡谷のため、駅を設ける場所がないので、スイッチバックして上りと下りの列車交換を行なっています。駅近くには鐘釣温泉、河原露天風呂、黒部万年

日本に3社4路線しかないナローゲージ(特殊狭軌)に乗車しよう!
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
日本のモノレール 全8社 徹底紹介

日本のモノレール 全8社 徹底紹介

日本では鉄道に分類されるモノレール(monorail)。鉄道事業法に基づく鉄道もしくは軌道の扱いですが、またいで走る跨座式と、ぶら下がり式の懸垂式の2タイプがあります。日本最初のモノレールが「空中飛行電車」と呼ばれたように、車窓の展望も楽し

日本の路面電車 22路線 徹底紹介

日本の路面電車 22路線 徹底紹介

日本国内に現存する路面電車は、全国17都市20事業者、路線延長では200kmを超えます。超低床電車(LRV)や観光レトロ電車の導入、そしてLRT(次世代型路面電車システム)の誕生で、宇都宮など新たな路面電車も計画中です。全国18事業者22路

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ