鐘釣駅

鐘釣駅

富山県黒部市宇奈月町、黒部峡谷を走る黒部峡谷鉄道(黒部峡谷トロッコ電車)の有人駅、鐘釣駅。断崖絶壁の黒部峡谷のため、駅を設ける場所がないので、スイッチバックして上りと下りの列車交換を行なっています。駅近くには鐘釣温泉、河原露天風呂、黒部万年雪展望台、鐘釣三尊像があります。

スイッチバックする駅として鉄道ファンには有名

鐘釣駅

黒部川の電源開発を目的に昭和12年には、欅平まで開通した鉄道。
観光目的に転用され、車輌連結が13両まで長大化したため、上下列車ともに、いったん、 本線から側線に入って停車(旅客の乗降)、出発時に本線ポイントに切り替わる位置まで後退して、再度前進というスイッチバック運転が行なわれています。
これは、駅の両側がすぐに勾配という狭い構内のためのアイデアです。
よく見ると、レールへの散水が行なわれますが、列車がスイッチバックする際、 機関車のブレーキ音を緩和させるため。
アプト時代の信越本線・熊ノ平駅に似たスイッチバックがありました。

このスイッチバックは下車後にホームからも見学できます。
「新黒部名水くず餅」など鐘釣駅限定商品も販売する構内売店、軽食が可能な鐘釣駅茶屋も併設。

名称 鐘釣駅/かねつりえき
所在地 富山県黒部市宇奈月町黒部
関連HP 黒部渓谷鉄道公式ホームページ
ドライブで 北陸自動車道黒部ICから約14kmで宇奈月駅
駐車場 宇奈月駅前駐車場(350台/有料)
問い合わせ 黒部峡谷鉄道営業センター TEL:0765-62-1011
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
万年雪展望台

万年雪展望台

富山県黒部市宇奈月町、黒部峡谷鉄道鐘釣駅(かねつりえき)から徒歩3分の場所にあるのが万年雪展望台。白馬岳から派生する尾根上のピーク、百貫山(1969.9m)に降った雪が雪崩によって百貫谷に堆積し、すべてが融ける前に冬を迎えるというもの。展望

黒部峡谷鉄道・欅平駅

黒部峡谷鉄道・欅平駅

宇奈月温泉(宇奈月駅)から黒部川に沿って上流へと走る黒部峡谷鉄道(黒部峡谷トロッコ電車)。その終点となるのが欅平駅(けやきだいらえき)。欅平駅は有人駅で欅平駅2階には奥鐘山の断崖絶壁を眺めるレストラン「レストイン欅」もあります。さらに駅構内

鐘釣駅

鐘釣駅

富山県黒部市宇奈月町、黒部峡谷を走る黒部峡谷鉄道(黒部峡谷トロッコ電車)の有人駅、鐘釣駅。断崖絶壁の黒部峡谷のため、駅を設ける場所がないので、スイッチバックして上りと下りの列車交換を行なっています。駅近くには鐘釣温泉、河原露天風呂、黒部万年

黒薙駅

黒薙駅

富山県黒部市宇奈月町、黒部峡谷鉄道の駅で、他の駅と同様に峡谷にへばり付くように設置されているのが黒薙駅(くろなぎえき)。ホームの一部は黒薙川に架かる後曳橋(あとびきばし)の上です。黒部峡谷鉄道では数少ない有人駅ですが、ホームの見通しが悪いた

日本に3社4路線しかないナローゲージ(特殊狭軌)に乗車しよう!

線路幅(ゲージ) が762mmしかない特殊狭軌、在来線の狭軌(1067 mm)の7割ほど、新幹線で採用される国際標準軌1435mmの半分ほどという狭い(ナロー) 鉄道がナローゲージ(Narrow Gauge/特殊狭軌)。現在国内には、3社4

黒部峡谷鉄道(トロッコ電車)

黒部峡谷鉄道(トロッコ電車)

富山県黒部市、宇奈月温泉にある宇奈月駅から黒部川の峡谷沿いに上流の欅平駅(けやきだいらえき)までの20.1kmを結ぶのが黒部峡谷鉄道(トロッコ電車)。もともとは黒部川の電源開発のために敷設された軽便鉄道で、日本に3社4路線しかないナローゲー

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ