慈眼寺

慈眼寺

新潟県小千谷市平成、かつての寺町にある新義真言宗智山派の古刹が慈眼寺。山号は船岡山。歴史は古く、寺伝によれば、創建は白鳳時代にまで遡るとか。明治元年・慶応4年(1868年)の北越戊辰戦争では、慈眼寺で軍事総督・河井継之助と新政府軍の岩村精一郎が「小千谷談判」を行ないましたが決裂し、開戦へと進んでいます。

「小千谷談判」が行なわれた小千谷の古刹

慈眼寺
慈眼寺

慈眼寺本尊の聖観世音御菩薩は、大同年間、空海による彫刻と伝わります。
以来、船岡山観音院慈眼寺と称されてきました。

元禄時代には江戸に出張の本尊ご開帳も行なわれ、5代将軍・徳川綱吉も参詣したほど。

幕末の北越戊辰戦争時には新政府軍が小千谷に進駐、慈眼寺が薩摩藩の宿陣所にされています。
独自の中立路線を模索した長岡藩は、明治元年・慶応4年(1868年)5月2日、慈眼寺の上段の間で、藩の軍事総督・河井継之助が、新政府軍側の代表として現れた若き土佐藩士・岩村精一郎と対面。
これが後に伝わる「小千谷談判」ですが、若き岩村精一郎は結果は河井継之助のことがわからず、河井継之助の提案を引き伸ばし作戦と見て拒否。
この直後、河井継之助率いる長岡藩は奥羽列藩同盟に加盟し、徹底抗戦に突入します。

その会談が行なわれた本堂右手の座敷間は、現在「河井・岩村会見の処」として保存、内部には資料も展示されています。

慈眼寺 DATA

名称 慈眼寺/じげんじ
所在地 新潟県小千谷市平成2-3-35
関連HP 慈眼寺公式ホームページ
電車・バスで JR小千谷駅から徒歩25分
ドライブで 関越自動車道小千谷ICから約1.6km
駐車場 5台/無料
問い合わせ 慈眼寺 TEL:0258-82-2495/FAX:0258-89-8235
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
朝日山古戦場

朝日山古戦場

2018年9月18日
榎峠古戦場パーク

榎峠古戦場パーク

2018年9月18日
光福寺(北越戊辰戦争長岡藩本陣跡)

光福寺(北越戊辰戦争長岡藩本陣跡)

2018年9月17日
河井継之助の碑

河井継之助の碑

2018年9月17日
八丁沖古戦場パーク

八丁沖古戦場パーク

2018年9月16日
河井継之助記念館

河井継之助記念館

2018年9月15日

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ