明神池

明神池

上高地、穂高神社(ほたかじんじゃ)の奥宮の神域内にあり、荘厳なムードを漂わせる明神池(みょうじんいけ)。ここは穂高神社の神域なので、拝観料を入口で支払い、散策します。針葉樹林に囲まれたひょうたん形の池で、池畔には遊歩道も整備されており、池ではイワナやマガモも観察できます。上高地バスターミナルからは徒歩で1時間ほど。

明神岳や前穂高岳を眺望する穂高神社奥宮の神池

明神池
明神池
明神池
明神池

明神池は一之池と二之池、大小2つからなる池で、梓川の古い流路が、明神岳からの崩落によって生まれた堰止湖。
伏流水が湧き出ているため、冬でも凍結しません。

池の入口(穂高神社奥宮参道入口)には、明治26年、ウォルター・ウェストン(Walter Weston)を前穂高岳に案内したことをきっかけに、槍穂高のガイドを担った上條嘉門次ゆかりの小屋が現存(国の登録有形文化財)。
宿泊できるだけでなく、囲炉裏で焼かれた岩魚やそばを味わうこともできます。

穂高神社奥社の『御船神事』
10月8日に明神池で行なわれる『御船神事』(おふねしんじ)は穂高神社が海神族の守り神だったことを今に伝える祭事。
安曇野を拓いた安曇氏(あずみうじ=阿曇氏)は海神である綿津見命(わたつみのみこと)を祖とし、古代、北九州で活躍した海人族だったのです。
『御船神事』は、雅楽が奏でられるなか、龍頭鷁首(りゅうとうげきしゅ)の2艘の御船を池に浮かべる雅な祭り。
穂高にある本宮の『御船祭』は9月27日に斎行。

明神池

 

明神池 DATA

名称 明神池/みょうじんいけ
所在地 長野県松本市安曇上高地
関連HP 上高地公式ウェブサイト
電車・バスで 松本電鉄新島々駅から松本電鉄バス上高地行きで1時間10分、終点下車、徒歩1時間
ドライブで 長野自動車道松本ICから約33kmで沢渡地区駐車場。路線バス・タクシーで上高地へ(マイカー規制実施中)。上高地バスターミナルから徒歩1時間
駐車場 沢渡地区駐車場(2156台/有料)
問い合わせ 松本市安曇支所 TEL:0263-94-2301
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

穂高神社

2018.08.06

嘉門次小屋

2018.07.28

穂高神社奥宮例大祭『御船神事』(松本市・上高地)

2016.08.10

【信州の池】穂高神社の神域 明神池(松本市・上高地)

2016.08.10

穂高神社の御船祭り(安曇野市穂高)

2016.06.23
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ