扇沢(立山黒部アルペンルート)

立山黒部アルペンルートの長野県・大町市側の玄関口となるのが扇沢。黒部トンネル(関電トンネル)の開通、黒部ダムの完成を受けて、昭和39年8月1日に開業した歴史ある観光ルートが関電トンネルトロリーバス。平成31年4月から電気バス転換となり、鉄道事業ではなくなるため、扇沢駅という名前から駅が取られることに。

ターミナルの屋上は展望台に

黒部ダム建設の物資輸送を目的に昭和33年に開通した関電トンネル。
途中に北アルプス・後立山連峰(うしろたてやまれんぽう)の破砕帯(はさいたい)と呼ばれる断層地帯を貫通するため、大量の水などに悩まされて、難工事となり、一時は完成が危ぶまれるほどでした。
その難工事は映画『黒部の太陽』(昭和43年公開)のモチーフとなりました。

地上3階建てのターミナルの建物は、1階がきっぷうりば、2階に「レストラン扇沢」と改札口、3階にホームと屋上展望台という構造。
扇沢に駐車場がありますが、信濃大町駅から路線バス、バスタ新宿から中央高速バスも扇沢まで直通。

扇沢(立山黒部アルペンルート) DATA

名称 扇沢(立山黒部アルペンルート)/おうぎさわ(たてやまくろべあるぺんるーと)
所在地 長野県大町市平
関連HP 立山黒部アルペンルート公式ホームページ
備考 4月下旬〜11月営業
電車・バスで JR大糸線信濃大町駅からアルピコ交通扇沢行きで40分
ドライブで 長野自動車道安曇野ICから約40km
駐車場 扇沢第1〜4駐車場(350台/有料)、大町市営駐車場(230台/無料)
混雑時は扇沢手前8kmの臨時駐車場(600台〜800台/有料)から無料シャトルバスを利用
問い合わせ TEL:076-432-2819
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

関電トンネルトロリーバス(黒部ダム駅)

2018.01.31
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ